シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2009年期待外れだった映画2位に『ハリー・ポッター』、2010年期待している映画にも『ハリー・ポッター』

2009年期待外れだった映画2位に『ハリー・ポッター』、2010年期待している映画にも『ハリー・ポッター』
写真は、期待している映画3位にランクインした『アリス・イン・ワンダーランド』で帽子屋を演じるジョニー・デップ - (C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 9歳から15歳をターゲットとするアメリカの芸能サイトJSYK.comが「2009年期待外れだった映画」と「2010年期待している映画」のオンライン投票を行った。

 「2009年期待外れだった映画」の1位に選ばれてしまったのは『フェーム』(原題)というミュージカル映画。1980年に大ヒットし、その後舞台化、ドラマ化された同名映画のリメイク作品で、予告編を見る限りおもしろそうな映画なのだが、映画の批評が投稿できるRotten Tomatoesというサイトでは「未完成としか思えない、『ハイスクール・ミュージカル』世代にアピールしたいというのが見え見え」と酷評されていた。

 おもしろい結果となったのが、『ハリー・ポッター』シリーズで、「2009年期待外れだった映画」の2位に第6作の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、「2010年期待している映画」の2位に7作目となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』がランクインする結果となった。前作が期待外れでも、次回作に期待を寄せるというのは、『ハリー・ポッター』シリーズの人気の表れだろうか。

 「2010年期待している映画」の1位は、『トワイライト』シリーズ3作目となる『エクリプス』(原題)で、その人気ぶりをうかがわせた。また、「2010年期待している映画」の3位はジョニー・デップとティム・バートンが再びタッグを組む『アリス・イン・ワンダーランド』、4位は『アイアンマン2』、5位はユニバーサル・ピクチャーズが製作した3Dアニメ『ディスピカブル・ミー』(原題)だった。

 一方、「2009年期待外れだった映画」の3位は「ザ・シンプソンズ」シリーズでいくつかのエピソードの脚本も手掛けたラリー・ドイルの同名小説を映画化した『アイ・ラブ・ユー、ベス・クーパー』(原題)、4位は『トランスフォーマー』、5位は『G.I.ジョー』という結果だった。

 来年もこの投票が実施されれば、「期待している映画」の中で「期待外れだった映画」に変わってしまう作品もあるはず。日本での公開が決まっていない作品も含まれている投票結果だが、アメリカのティーン・エイジャーたちが期待を寄せた映画をチェックしてみてはいかがだろうか。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 5日
  5. 2009年期待外れだった映画2位に『ハリー・ポッター』、2010年期待している映画にも『ハリー・ポッター』