シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ロボコップ』の再起動ならず!スタジオの経営不振によりリメイクは絶望的

『ロボコップ』の再起動ならず!スタジオの経営不振によりリメイクは絶望的
候補に挙がっていたダーレン・アロノフスキー監督 - M Szwajkos / Getty Images

 映画『ロボコップ』のリメイク版が期待されていたが、製作スタジオであるMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の財政難により絶望的であるとムービーホール.netが伝えている。

 映画『ロボコップ』のリメイク版は、MGM の重役が2008年のカンヌ国際映画祭で自ら3D映画の製作を予告していた。斬新でスピード感あふれる映像が特徴的なダーレン・アロノフスキー監督が候補に上がり、新たなロボコップの誕生が期待されたがすべては水の泡となって消えてしまったようだ。MGMの不振による影響はロボコップだけではなく、『007』シリーズや映画『ホビット』も同様に受け、いつになるのかわからない延期を待っている状況だ。MGMの財政難は深刻な問題だが、どれも大人気作品だけにこのまま永遠にシリーズが終了となれば多くのファンが嘆くことだろう。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 最近のクロニクルズ from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2010年10月7日 4時13分)
    サマー・グローのバッタもののサインは日本の某オークションでも大量に出回ってますが...こちらは本場のリアルなオークションのお話。 何気ない“ Come With Me If You Want to...”...の添え書きが貴重なサマー・グロー直筆サイン↓アメリカ・FOX放送時のプロモの際のリアルもの。今なら、ebay.co.ukで購入可。(2010年10月11日まで)↓ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 27日
  5. 『ロボコップ』の再起動ならず!スタジオの経営不振によりリメイクは絶望的