シネマトゥデイ

チュート徳井、肉体改造!人気漫画「莫逆家族」の実写映画で主演に!しかも脇に玉山鉄二、大森南朋、北村一輝と演技派俳優!(1/2)

チュート徳井、肉体改造!人気漫画「莫逆家族」の実写映画で主演に!しかも脇に玉山鉄二、大森南朋、北村一輝と演技派俳優!
チュートリアル徳井主演で映画化!-「莫逆家族」

 11日、相方の福田充徳が急性すい炎のため、入院、休養することが発表されたチュートリアル徳井義実が、林遣都、阿部サダヲ、玉山鉄二、大森南朋、北村一輝、ARATA、倍賞美津子の超豪華キャストで田中宏のコミック「莫逆家族」を映画化する『莫逆家族-バクギャクファミーリア-』に、主演することがわかった。メガホンを取るのは、映画『海炭市叙景』が、第12回シネマニラ国際映画祭のグランプリと最優秀俳優賞をダブル受賞した熊切和嘉監督。徳井は、過去に各作品約30分で芸人監督による短編映画100本の制作を行った「YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 ~100人が映画撮りました~」で、自身がメガホンを取った映画『nijiko』に主演。長編映画では加藤ローサと共演の『天国はまだ遠く』で初主演を飾っているが、今回は長編映画での単独初主演。しかも、豪華キャストで映画化する人気漫画家原作の映画の主演に大抜ってきとなった。

 今回、映画化されることが発表されたのは、30歳を超えた元不良たちを描き、1994年から2004年まで「週刊ヤングマガジン」に連載された田中宏のコミック「莫逆家族」。林遣都、阿部サダヲ、玉山鉄二、大森南朋、北村一輝、ARATA、倍賞美津子という豪華キャストでの実写映画化で主演に抜ってきされた徳井は、「ほかの出演者の方が、そうそうたるメンバーなので、僕が主役でいいのかなという思いが正直ありましたが、クランクインも近づき、今では主役としての責任を感じています。そのために役作りとして、プロテインを飲んだり、加圧トレーニングにも励んでいます」と役柄に真摯(しんし)に向き合っていることを明かす。熊切監督も、そんな徳井の努力に、「徳井さん自身も本気になっているし、肉体も鍛え本格的になってきたので、役者として大バケするのではと思っています」と太鼓判を押している。映画は、そんな徳井を従え、1月下旬にはクランクインし、3月上旬のクランクアップを目指して撮影を行う予定だ。

 一方、原作者の田中は、「漫画家にとって自分の作品の映画化とゆーのは、ある意味ハンコを押してもらったような認められた感があります。特にこの『莫逆家族』はぶっちゃけ映像化してもらうために描きました」と一言。同じく今年映画化作品が公開されるコミック「BADBOYS」など、自身の故郷でもある広島を舞台とした作品を数多く手掛けている田中だが、広島では自身が描くような作品の映画撮影許可がおりないと考え、「莫逆家族」では満を持して関東に舞台を移したことを明かした。徳井が主人公の火野鉄を演じることについても、「徳井くんの鉄っちゃんってのを最初に聞いたときは 正直『え?』って感じでしたけど、次第に『どんなになるんだろう……』ってワクワクした感じになってきて仕舞いには鉄っちゃんにしか見えなくなってきました(笑)」とお墨付きを与えている。


【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク