シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

フルデジタル3D『タンタンの冒険』鋭意製作中!ピーター・ジャクソン&スティーヴン・スピルバーグ監督がメッセージを発表

フルデジタル3D『タンタンの冒険』鋭意製作中!ピーター・ジャクソン&スティーヴン・スピルバーグ監督がメッセージを発表
映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』をお楽しみに!

 12月1日に公開予定の監督スティーヴン・スピルバーグ、製作ピーター・ジャクソンの映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』で監督のスピルバーグが本作を待ち望んでいるファンに向けてメッセージを公開した。

 『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』は全世界80か国語で翻訳され、2億部以上を売り上げているベルギー生まれの人気コミック「タンタンの冒険」を基に製作。スティーヴン・スピルバーグを監督に迎えピーター・ジャクソンが製作を務めるという世界最高峰の映画制作者2人の手による映画化が実現した。製作は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『アバター』などでアカデミー賞視覚効果賞を受賞しているWETAが担当する。

 「タンタンの冒険」は、世界中を飛び回り面白い記事にまとめ上げる少年記者タンタンと相棒の勇敢な白いフォックステリアのスノーウィが主人公の物語。1929年から始まった連載は、ベルギーがナチスドイツに占領された1940年に中断された。しかし、自国はもちろん、戦争に苦しむ世界中の人々を元気づけたいと願った原作者エルジェは制作を再開。タンタンの物語を通して、好奇心と冒険心こそが、困難な状況から抜け出す力になることを示した。

 映画化にあたって、原作のイメージを壊すことを恐れたスピルバーグは、タンタンの熱烈なファンだった『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ監督のピーター・ジャクソンに声をかけ、意気投合した2人はフルデジタル3Dにてテスト版を製作。これを観たスピルバーグは、ジャクソンとならタンタンの世界観を完全に再現できると確信し、夢への第一歩を踏み出したという。製作を開始したジャクソンは、「スティーヴンが映画作りするところを横で見ているのは最高だったよ! これでやっとわれわれは、彼を21世紀に連れて来られたわけだからね!」と語った。

 スピルバーグ監督は「私が29年間、ずっと願い続けてきた『タンタンの冒険』の映画化が、ついに実現しました。この物語の世界観と、タンタンのイメージを壊さないために、初めてフルデジタル3D映画に挑戦しています。日本の皆さんに素晴らしい体験をお届けするまで、楽しみに待っていてください」と長年の夢が形になりつつ喜びを語った。

 物語はタンタンが、ガラスケースに入った帆船の模型を一目で気に入り、購入するところから始まる。マストに隠されていた羊皮紙の巻物を発見し、そこに記された暗号が、ユニコーン号の財宝のありかを示している。船の模型は三つ、巻物が三つそろって、初めて暗号が完成する。財宝を狙う者たちの驚くべき正体とは何なのか。迫り来る危険と闘いながら、タンタンの冒険が始まる。声の出演にはタンタンの声をジェイミー・ベルが担当するほか、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ、サイモン・ペッグら演技派たちが名を連ねている。

映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』は12月1日(木)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 21日
  5. フルデジタル3D『タンタンの冒険』鋭意製作中!ピーター・ジャクソン&スティーヴン・スピルバーグ監督がメッセージを発表