シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シャイア・ラブーフ、名だたるオスカー候補作品への出演オファーを断っていたことを明かす

シャイア・ラブーフ、名だたるオスカー候補作品への出演オファーを断っていたことを明かす
後悔はなし? -シャイア・ラブーフ - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で主演を務めたシャイア・ラブーフが、今年のアカデミー賞で注目された映画『ソーシャル・ネットワーク』や『127時間』などの話題作への出演を蹴っていたことを明かした。

 シャイアは雑誌「ディテールズ」の中で、デヴィッド・フィンチャー監督の映画『ソーシャル・ネットワーク』について「いい映画だった」としながらも、「ゲームの流れを変えるような映画ではなかった」とコメント。またシャイアは、ダニー・ボイル監督の『127時間』もオファーを蹴っていたという。

 映画『ソーシャル・ネットワーク』は、主演のジェシー・アイゼンバーグがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたほか主要8部門のノミネートを受け、結果は編集賞、脚色賞、作曲賞の3部門を獲得。『127時間』も主演のジェームズ・フランコが主演男優賞にノミネートされたほか、作品賞など6部門でノミネートされるなど、オスカー・レースで大きな目玉の作品となった。シャイアはさらに、大ヒットシリーズの次回作『ボーン・レガシー』でも、マット・デイモンのジェイソン・ボーン役を引き継ぐオファーをされたが、これも断っていたという。

 一方で、シャイア自身が主演した映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は6月29日の全米公開で今年のナンバーワン記録をたたき出しており、出演を断った作品が結果としてアカデミー賞の目玉となっても、シャイアは特に後悔する気持ちはないようだ。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 10日
  5. シャイア・ラブーフ、名だたるオスカー候補作品への出演オファーを断っていたことを明かす