シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新作アクション大作『インモータルズ -神々の戦い-』が全米トップに降臨! -11月14日版【全米ボックスオフィス考】(1/3)

新作アクション大作『インモータルズ -神々の戦い-』が全米トップに降臨! -11月14日版
「おれたちがナンバーワンだっ!」 -映画『インモータルズ -神々の戦い-』より - (C) 2010 War of the Gods, LLC. All Rights Reserved.

 今週のランキングはちまたの予想通り、ギリシア神話の神々を扱ったアクション大作映画『インモータルズ -神々の戦い-』が3,221万ドル(約25億7,680万円)をたたき出し、見事全米映画トップの座におさまった。(1ドル80円計算)

 2007年に日本でも公開された大ヒット・アクション映画『300 <スリーハンドレッド>』の製作陣を従えた同作品は、ハリウッドではまだ新米の独立製作スタジオであるレラティビティー・メディアが発表した作品。ハリウッドの代表的なスタジオのひとつであるワーナー・ブラザーズが配給を担当した『300 <スリーハンドレッド>』のデビュー週末興収7,090万ドル(約56億7,200万円)には到底及ばなかったものの、レラティビティー・メディアの短い歴史の中ではオープニング成績で最もヒットした作品となっている。2つのスタジオを比べると雲泥の差があるPR予算のことなどを考慮すれば、『インモータルズ -神々の戦い-』の成績は殊勲賞ものといえよう。レラティビティー・メディアは、これからもヒットしそうな作品をたくさん抱えており、ハリウッド映画界での今後の活躍が楽しみである。

 今週第2位はこちらも初登場、アダム・サンドラーが男女二役を演じるコメディー映画『ジャック&ジル(原題) / Jack & Jill』で2,500万ドル(約20億円)。いつもアダムがコラボしているデニス・デューガン監督との作品の中では、全米で2月公開されデビュー週末の収益3,051万ドル(約24億800万円)を収めたラブコメ映画『ウソツキは結婚のはじまり』よりも低く、過去10年間に公開されたアダム主演のコメディー映画と比べても下から2番目のデビュー週末成績となっている。とはいうものの、歴代のアダム主演作品と比べると数字的には決してガタ減りというわけではなく、アメリカでのアダム人気はまだまだ健在といってよさそうである。

 第3位は、依然頑張り中のファミリー・アニメ映画『長ぐつをはいたネコ』で2,473万ドル(約19億7,840万円)。上映館が60館減り、公開3週目だというのに降下率は先週と比べてたったの25.2パーセントで、トップ10の中でも最低のパーセンテージにとどまっている。11月12日(土曜)の時点で総合興収が1億ドル(約80億円)の大台に乗ったこの作品は、来週木曜日から始まる全米大型ホリデーのひとつ、感謝祭の連休に向けてまだまだエネルギーを蓄えているとみられ、これからファミリー映画のライバルが現われるにしても収益的にはまだまだ記録を伸ばしていくものと予想される。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 16日
  5. 新作アクション大作『インモータルズ -神々の戦い-』が全米トップに降臨! -11月14日版