シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、ロバート・ゼメキス監督とスピルバーグの出会い(1/3)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、ロバート・ゼメキス監督とスピルバーグの出会い
ロバート・ゼメキス監督

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『ファレスト・ガンプ/一期一会』などのハリウッドの大作を手掛けてきたロバート・ゼメキス監督が、ニューヨーク映画祭で開かれたHBOが主催するダイアローグ・シリーズで、過去の作品について語った。

 同イベントは、ニューヨーク映画祭のディレクターを25年間も務めたリチャード・ペーニャが司会を務め、毎作エンターテインメント性のある作品でメガホンを取ってきたロバート・ゼメキス監督にインタビューをしている。

 ロバート・ゼメキス監督は、南カリフォルニア大学(USC)時代に学んだ影響が大きかったそうだ。「南カリフォルニア大学では、できるだけ低予算で制作する手法を学び、そのほとんどはフィルムストックにつぎ込んでいたんだ。それと、当時はよく映画を観ていたよ。まだビデオが出てくる前だったからね。南カリフォルニア大学は、ハリウッドの配給会社とは良好な関係にあって、大学にフィルムを貸し出していて、毎週末、フランク・キャプラ監督やジョン・フォード監督などの巨匠の作品を上映していて、それらをたくさん観ていた記憶がある。さらに僕と同じように映画が大好きな連中と常に話せる環境にあったことも大きかったと思う」と当時を振り返った。

 スティーヴン・スピルバーグとの出会いについて「彼が映画『続・激突!/カージャック』の上映で、南カリフォルニア大学を訪れた際に、上映後に僕は彼に声をかけて、僕が製作した短編を彼に観てほしいと言ったところ、彼が『ぜひ観てみたい!』と言って、後でユニバーサルの試写室でそれを観てくれたんだ。彼はその際に、ぜひこれからも連絡を取り合おうと言ってくれたんだ。その後、僕と共同脚本家ボブ・ゲイルが書いた『1941(いちきゅうよんいち)』を彼が監督することになった。その『1941(いちきゅうよんいち)』と同時期に書いていたのが、僕のデビュー作となる『抱きしめたい』で、その脚本を仕上げたときに、スティーヴンに批評してもらおうと思って渡したら、『君がこれを監督すべきだ!』と言って、(配給会社となる)ユニバーサルに電話をしてくれたんだ」と明かした。

 映画『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』について「前2作品『抱きしめたい』『ユーズド・カー』の批評は良かったものの、興行的には成功せず、ハリウッドの間で僕はアンラッキーな男という烙印(らくいん)が押されていた。実は、その間にも高校生を題材にしたコメディ作品を監督するオファーはあったが、僕自身は興味がなく、その間に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を執筆していたんだ。この間ずっと(約4年間)、僕は監督をすることができなかった。ところがあるとき、マイケル・ダグラスが、『この男のエネルギーに満ち溢れているところが好きだ! ぜひ彼と仕事がしたい』と言ってくれたんだよ。もっとも、この映画の脚本はめちゃくちゃで、当時僕のように2作品も連続して興行に失敗しているような監督は、そういった駄目な脚本を修正するしか仕方なかったんだ……」と語ったが、見事にこの映画は興行的成功を収めている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 23日
  5. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、ロバート・ゼメキス監督とスピルバーグの出会い