シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ONE PIECE』がV3で2012年を締めくくり!『青の祓魔師』は6位初登場!【映画週末興行成績】

『ONE PIECE』がV3で2012年を締めくくり!『青の祓魔師』は6位初登場!
『ONE PIECE』が2012年ラストのランキングを制する! - (C) 尾田栄一郎 / 2012「ワンピース」製作委員会

 映画『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』が2012年を締めくくる国内動員ランキングで3週連続1位を獲得した。正月興行ナンバーワン作品として、大ヒット街道を突き進んでいる。

 世界各国でロングラン上演されている大ヒットミュージカルを、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドら豪華キャストで映画化した『レ・ミゼラブル』は先週に続き、2位をキープ。劇場には、ミュージカル・ファンである30代~40代を中心に、幅広い客層が来場しているようだ。

 武井咲、松坂桃李出演の『今日、恋をはじめます』は4週連続で3位をキープしており、興収10億円を突破。この冬のデートムービーとして、ティーン層を中心に集客している。大人気スパイアクション最新作『007 スカイフォール』は4位。1位から4位までの顔ぶれは先週と変わらなかったが、5位には、公開3週目となる『映画 妖怪人間ベム』が先週7位から2ランクアップを果たした。

 12月28日金曜日に公開となったアニメ映画『青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版』が6位に初登場。月刊漫画雑誌「ジャンプスクエア」で2009年より連載を開始した加藤和恵の同名コミックが原作。昨年4月よりテレビシリーズとして放送され、本作が初の映画化作品となる。

 公開3週目となる『ホビット 思いがけない冒険』は7位で2ランクダウン。公開4週目の『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』も8位で2ランクダウン。ステファニー・メイヤーの小説「トワイライト」を原作とした大ヒットシリーズの完結編『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』が28日金曜日から公開され、初登場9位。公開7週目の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は10位でワンランクダウン。公開3週目の『フランケンウィニー』はワンランクダウンで11位と、惜しくもベストテン圏外となった。

 2013年第一弾として今週末から公開される映画は、『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』『大魔術師Xのダブル・トリック』『大江戸緋鳥808 劇場編集版』『METライブビューイング/モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》』『青二才』『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』などがある。(ランキング・数字などは興行通信社推計概算、一部変更になる場合あり)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ONE PIECE FILM Zが興行収入52億円を突破 from のほほんブログ (2013年1月7日 1時32分)
    ワンピースの映画、ONE PIECE FILM Zが興行収入52億円を突破したそうです。 国民を代表する漫画の映画だけあって、凄い人気ですね。 確かにワンピースの漫画は大人が読んでも面白いです。 映画の方はどうなんですかね。 内容も設定が面白そうなのですが、映画に行くともらえるおまけ、海賊の宝袋も興行収入の売り上げに貢献したような気もします。 週間ジャンプの連載の方は、王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴと麦わらの一味との対決が間近のような気配ですね。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 1日
  5. 『ONE PIECE』がV3で2012年を締めくくり!『青の祓魔師』は6位初登場!