シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

香港ノワールの名手ジョニー・トーの魅力とは?

香港ノワールの名手ジョニー・トーの魅力とは?
ジョニー・トー監督-『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』より - (C) crescendo films 2010

 香港ノワールの名手として世界的に評価される巨匠ジョニー・トー監督の創作活動を追ったドキュメンタリー『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』が公開される。わかりやすい物語が展開するわけでなく、派手なアクションも登場しない作風ながら、その作品群はなぜ熱狂的なファンを生み続けるのだろう。

 香港闇社会に生きる男たちの友情や裏切りを描く、香港ノワール映画の名手として知られるトー監督。その作風は、香港ノワールの元祖的作品『男たちの挽歌』以降散見された亜流作品とは、真逆ともいえる作風で、とにかく銃を撃ちまくる激しいアクションや、涙を誘うが少々クサいセリフとは無縁だ。

 例えば、ボスを守るため招集された男たちの攻防を描く『ザ・ミッション 非情の掟』。この作品では、主人公たちが仕事の合間に少年のように紙くずでサッカーに興じる場面を差し込み、男同士の熱い絆を演出してみせる。またほぼ毎作品に登場する食事シーンでは、共に食事を作り、食卓を囲む場面だけで、登場人物たちのつながりや人間関係を理解させる。この無駄がなく、千のセリフより効果的な演出こそトー作品最大の魅力の一つといえるだろう。

 また標的を見定め、弾を無駄にしないプロ同士による、緊張感あふれる銃撃戦も外せない。巧みな照明の下、各キャラの個性を生かした、殺陣のようなガンアクションは、目を奪われるほど美しい。『ザ・ミッション』をはじめ『PTU』『エグザイル/絆』『ヒーロー・ネバー・ダイ』『暗戦 デッドエンド』『スリ』『ブレイキング・ニュース』『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』など、数多くの作品でその魅力を体験できるはずだ。

 また香港最大の裏組織の会長選挙における攻防を描く『エレクション』や、金融危機の中マネーゲームに翻弄(ほんろう)される香港の人々を描く『奪命金』など、香港の現在を切り取る作風も特徴。さらにノワールものだけでなく、『Needing You』『ダイエット・ラブ』といったラブコメを手掛けるなど、ジャンルにとらわれない懐の深さも持ち合わせている。決して安定することなく、底の知れない創作意欲を持ち続ける巨匠の素顔を、ぜひその作品群を予習した上で、楽しんでほしい。(編集部・入倉功一)

映画『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』は2月16日より新宿K's cinema ほかで公開
映画『奪命金』は2月9日より新宿シネマカリテほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 9日
  5. 香港ノワールの名手ジョニー・トーの魅力とは?