スリ (2000)

11月4日公開 112分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スリ

見どころ

「祭りの準備」「TOMORROW/明日」など、数々の名作を生んだ黒木和雄監督が「浪人街」から10年の沈黙を破り、多くの作品でコンビを組んだ原田芳雄を主役に、今は落ちぶれたアル中となったスリの男を描く。長年の宿敵である刑事とスリの間に生じているある種の「友情」的な絆、酸いも甘いもかみ分けた大人の男女の恋情、人生の悲哀・・・。過去ある熟年世代の心の機微や葛藤が、深く描かれた人間像の中に滲み出る。また若い世代との対比も鮮やかで、「現代」の様相をみごとなまでに映し出す。「日本映画」の持つ良さを存分に堪能できる作品。

あらすじ

かつて名うてのスリとしてならした海藤(原田)だが、長年の酒に頼る生活で指は震え、.幼い頃から海藤が親代わりとなって育てた娘レイ(真野)の手助けを借りるしかない。長年、彼を追い続けてきた刑事・矢尾板(石橋)にも「見逃してやるからやれ」などと蔑みのことばをかけられる始末だ。レイに勧められた断酒会にも顔を出さず、会を主催する鈴子(風吹)は海藤を気にかけている。ある日、車中でレイのスリの技を見た青年、一樹(柏原)は、その技に魅了され、海藤に弟子入り志願。偶然にも一樹は、海藤と情事を重ねる芳江(伊佐山)の息子だった。海藤は一樹に技を仕込むことを機に、酒を絶ち、スリとして再生を決意するが・・・。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
製作国
日本
配給
  • アートポート
配給協力
  • シネカノン
カラー
(東京(シネアミューズ)大阪(シネマアルゴ)名古屋グランド)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]