シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ダイ・ハード』がV2獲得!アニメ『とある魔術の禁書目録』はまさかの3位初登場!【映画週末興行成績】

『ダイ・ハード』がV2獲得!アニメ『とある魔術の禁書目録』はまさかの3位初登場!
『ダイ・ハード』がV2! だがマクレーンも「禁書」人気にはびっくり? - (C) 2013Twentieth Century Fox

 今週の国内ランキングは、ブルース・ウィリス主演の大ヒット・シリーズ第5弾『ダイ・ハード/ラスト・デイ』が2週連続で1位を獲得した。累計動員98万1,911人、累計興収12億349万4,750円と、興収10億円を突破している。

 同じく大ヒット公開中の『テッド』は先週と同じく2位。公開6週目にしてベスト2圏内をキープし、累計動員は240万4,418人、累計興収は32億9,810万5,500円とついに興収は30億円を突破した。

 そして大人気ライトノベル原作の劇場版アニメ『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』が、全国30スクリーン公開ながら、まさかの3位初登場。土日2日間で、動員6万9,117人、興収1億75万7,700円を記録した。原作者の鎌池和馬の全面協力による完全オリジナルストーリーとして、公開前からファンの期待値が高かった本作。小規模公開であることから全国の劇場で満席が続出し、劇場で販売中の関連グッズも品切れが続出した。

 4位は『脳男』で、累計動員は65万2,538人、累計興収は8億3,803万7,400円。公開10週目の『レ・ミゼラブル』は5位で、累計動員は410万7,209人、累計興収は50億2,117万900円と興収50億円を突破。アン・ハサウェイがアカデミー賞助演女優賞を受賞したほか、計3部門で受賞したことから、アカデミー賞効果による、さらなる上乗せが期待される。6位は『ストロベリーナイト』で、累計動員は151万4,543人、累計興収18億7,086万8,400円となっている。

 佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子出演の『草原の椅子』は7位初登場。全国207スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員3万9,509人、興収4,419万8,100円。『ゼロ・ダーク・サーティ』は8位。『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は9位。高良健吾、吉高由里子出演の『横道世之介』が10位に初登場。君塚良一監督の『遺体 明日への十日間』は初登場11位を記録している。

 今週末は『フライト』『ジャンゴ 繋がれざる者』『うらぎりひめ』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『悪魔の毒々モンスター』『サイレント・ハウス』『わすれない ふくしま』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 26日
  5. 『ダイ・ハード』がV2獲得!アニメ『とある魔術の禁書目録』はまさかの3位初登場!