シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『探偵はBARにいる』第3弾製作決定! 大泉洋は「第4弾も同時に作ろう」と意欲満々!

『探偵はBARにいる』第3弾製作決定! 大泉洋は「第4弾も同時に作ろう」と意欲満々!
「探偵はBARにいる」シリーズ主演の大泉洋

 26日、映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』大ヒット御礼舞台あいさつが、丸の内TOEIにて行われ、ファン待望の第3弾が制作されることが正式に発表された。この日、一人で登壇した主演の大泉洋は「東映さんの気が変わらないうちに第4弾も作ろう」と喜びを爆発させた。

 公開から絶好調の興行収入を記録している本作。この日の舞台あいさつも全国55カ所の劇場で中継されるということで、大泉はいつにも増してハイテンション。そんな中、これまでの舞台あいさつやイベント等でも、待望論が出ていた第3弾製作決定が正式に発表されると場内からは「おめでとう」の大歓声。

 そんな盛り上がりに大泉は「カンヌ映画祭のスタンディング・オベーションみたいですね」と笑顔を見せると「ありがたい話です。でもパート2の公開前から第3弾を作りますって言えばいいんですよ。東映さんは『「探偵はBARにいる」はうちのプログラムピクチャーですから』とか言ってるくせに、ヒットしないと続編は作らないんですよ」といかにも大泉らしい発言で会場を沸かせる。

 また相棒の松田龍平から「第3弾の製作決定しましたね。頑張ってください。応援しています」と電報をもらうと大泉は「なんだ、他人事だな! 彼は飽きっぽいから『もう出ない』なんて言いかねない。だから一緒に第4弾も作っちゃいましょうよ」とノリノリに提案すると、客席からは割れんばかりの拍手が巻き起こった。

 「僕の職業は舞台あいさつ。だって普通の舞台は2時間とかあるじゃないですか。舞台あいさつなら15~20分ぐらいなので、完全燃焼できる」と胸を張った大泉。「今日は一人だから(他の共演者の話す時間配分などに)気を使わなくていいですね」と語ると、約30分間、機関銃のようなトークで場内を魅了していた。

 本作は、ベストセラー作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を映画化した「探偵はBARにいる」の第2弾。前作同様、大泉洋と松田龍平がタッグを組み、札幌ススキノで起きた殺人事件の真相を究明すべく奔走する姿を描く。(磯部正和)

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 26日
  5. 『探偵はBARにいる』第3弾製作決定! 大泉洋は「第4弾も同時に作ろう」と意欲満々!