シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジョン・ウー監督、顔面強打でケガ!ばんそうこう姿で映画祭に登場

ジョン・ウー監督、顔面強打でケガ!ばんそうこう姿で映画祭に登場
顔面殴打のため救急車で運ばれたと報じられたジョン・ウー監督

 台湾のアカデミー賞こと第50回台北金馬奨のオープニングセレモニーが現地時間22日に台北市内で行われ、映画『レッドクリフ』シリーズなどで知られるジョン・ウー監督が顔面ばんそうこう姿で現れて出席者を驚かせた。

 ウー監督は現在、中国・上海で長澤まさみらが出演する新作『太平輪(原題)』を撮影中だが、台湾各紙によると、数日前に道路で転んで顔面を強打し、救急車で運ばれたという。

 大事には至らなかったようだが、おでこに大きなばんそうこうを貼り、鼻には傷が残っている姿は見るからに痛々しい。しかし今年は映画祭50回の記念大会で、ホウ・シャオシェン、ウォン・カーウァイ、ピーター・チャン、ジョニー・トーら中華圏の巨匠たちが一同に介するとあって台湾入りしたようだ。

 この日のパーティーでも、マスコミの要望に応じて、映画『グランド・マスター』で主演女優賞にノミネートされているチャン・ツィイーらとにこやかに記念撮影に収まっていた。しかし、みんなにけがを心配されていたたまれなくなったのか、およそ1時間ほどで会場を後にした。(取材・文:中山治美)

第50回台北金馬奨は現地時間23日夜に発表される 台北金馬影展は11月28日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 24日
  5. ジョン・ウー監督、顔面強打でケガ!ばんそうこう姿で映画祭に登場