シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

英エンパイア誌が「外国映画ベスト100」発表!1位は『七人の侍』

英エンパイア誌が「外国映画ベスト100」発表!1位は『七人の侍』
英エンパイア誌による「外国映画ベスト100」1位は日本の『七人の侍』! - 写真:Photofest/AFLO

 世界各国の代表チームが競い合うFIFAワールドカップ開幕に合わせ、英エンパイア誌が「外国映画ベスト100」を発表した。栄えある1位に輝いたのは、黒澤明監督の『七人の侍』。「アクションと人物描写、東洋と西洋、ブロックバスターとアートハウスの完璧な融合。黒澤初の侍映画は、どんな言語においても偉大な傑作の一つに数えられる」と手放しで絶賛されている。

 『七人の侍』は、野武士の横暴に苦しむ貧しい農民たちに雇われた7人の男たちの活躍を描いた、言わずと知れた名作。「個性豊かな登場人物の中でも、志村喬ふんする威厳あるリーダーと三船敏郎ふんする荒くれ者が傑出している。クライマックスの雨の中の対決は映画史における伝説だ」と評されている。

 2位の『アメリ』は、ブリュノ・デルボネルの原色を基調にしたカラフルな映像、主演オドレイ・トトゥの素晴らしい演技、ジャン=ピエール・ジュネ監督のひねりのきいたマジックリアリズムのコラボレーションが高評価。3位にロシア(ソ連)の『戦艦ポチョムキン』、4位にイタリアの『自転車泥棒』、5位にメキシコの『パンズ・ラビリンス』が続いた。

 このほか、10位に宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』、16位に小津安二郎監督の『東京物語』、22位に黒澤監督の『羅生門』、 31位に本多猪四郎監督の『ゴジラ』、 41位に宮崎監督の『となりのトトロ』、44位に黒澤監督の『生きる』、51位に大友克洋監督の『AKIRA』、69位に中田秀夫監督の『リング』、82位に深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』、92位に押井守監督の『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』、98位に黒澤監督の『乱』と日本映画が多数ランクインを果たしている点も見逃せない。(編集部・市川遥)

「外国映画ベスト100」は以下の通り(10位まで抜粋)。
1. 日本『七人の侍』(1954)
2. フランス『アメリ』(2001)
3. ロシア(ソ連)『戦艦ポチョムキン』(1925)
4. イタリア『自転車泥棒』(1948)
5. メキシコ『パンズ・ラビリンス』(2006)
6. イタリア / アルジェリア『アルジェの戦い』(1965)
7. ブラジル『シティ・オブ・ゴッド』(2002)
8. スウェーデン『第七の封印』(1956)
9. フランス『恐怖の報酬』(1953)
10. 日本『千と千尋の神隠し』(2001)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 英国誌が選んだ外国映画ベスト100 from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2014年6月19日 23時0分)
    英国のエンパイア誌が選出した外国映画ですので、当事者である英国作品 と英国で撮影する機会の多いアメリカ映画を除いた作品を外国映画として 定義づけしているようなので、日本映画が多くランク入りしています。 1位になったのは黒澤明監督の「七人の侍」 スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなどが師と仰ぐ存在の 黒澤明監督作品の中でも最高傑作の評価を受けている名作ですから、当然 選ばれるべき作品だとは思いますが、逆に言うと日本の映画は1954年 の作品を超えられないのか?という見方も出来るわけですよね。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 18日
  5. 英エンパイア誌が「外国映画ベスト100」発表!1位は『七人の侍』