シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岡田准一、日本の心を演じられる役者に!主演男優賞に感無量!-第39回報知映画賞

岡田准一、日本の心を演じられる役者に!主演男優賞に感無量!-第39回報知映画賞
第39回報知映画賞の受賞者たち

 第39回報知映画賞の授賞式が17日、都内で行われ、零戦搭乗員の悲劇を描いた映画『永遠の0』で主演男優賞を受賞したV6の岡田准一が出席。「若いころ、『あなたは映画をやれるような人物になりなさい』と道を作ってくれた事務所の方や、芝居のことで悩んでいたときに『お前は芝居に向いている』と声を掛けてくれた、たくさんの役者の先輩方に心から感謝します」と喜びを語った。

 壇上で「このような賞をいただけるとは思ってもみなかったので、うれしさと驚きでいっぱいです。感謝の気持ちしか出てきません」とコメントした岡田。花束ゲストを務めた山崎貴監督が「身を削るような思いでこの役を演じてくれて感謝しています。重要なシーンでは鬼気迫るようなオーラが出ていました」と声を掛けると、感無量の表情で「これからも日本の心を演じられるような素晴らしい役者になれるよう精進していきます」と意欲を見せていた。

002
EXILEのHIROが登坂広臣を祝福!

 また『紙の月』で主演女優賞を受賞した宮沢りえは、「大先輩の銀幕のスターの方々も同じ場所に立って受賞されたのだなと思うと、感動でいっぱいです」と笑みを浮かべ、「受賞できたのは、7年ぶりの主演という不安の中でも、監督が丁寧に、そして志高い演出でわたしを引っ張ってくれたおかげだと思います」とコメント。宮沢に花束を手渡した共演者の池松壮亮も「りえさんの覚悟がこういった形で認められて個人的にうれしいです。ありがとうございます」と祝福していた。

 この日は、『ホットロード』の登坂広臣(三代目J Soul Brothers)も、『渇き。』の小松菜奈、『小野寺の弟・小野寺の姉』の西田征史監督と共に新人賞を受賞。お祝いにはEXILEのHIROが駆けつけ、「身内の中からこのような賞をいただくメンバーが生まれてうれしい気持ちでいっぱいです。共に初心を忘れず夢を共有して頑張っていければなと思います」と登坂にメッセージを送っていた。(取材・文:名鹿祥史)

第39回報知映画賞受賞結果は以下の通り。
作品賞・邦画:『0.5ミリ』(安藤桃子監督)
監督賞:小泉堯史監督『蜩ノ記(ひぐらしのき)』
主演男優賞:岡田准一『永遠の0』
主演女優賞:宮沢りえ『紙の月』
助演男優賞:津川雅彦『0.5ミリ』
助演女優賞:大島優子『紙の月』
新人賞:小松菜奈『渇き。』、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)『ホットロード』、西田征史監督 『小野寺の弟・小野寺の姉』
作品賞・海外:『ジャージー・ボーイズ』(クリント・イーストウッド監督)
特別賞:『アナと雪の女王』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 17日
  5. 岡田准一、日本の心を演じられる役者に!主演男優賞に感無量!-第39回報知映画賞