シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新妻・尾野真千子、結婚後初の公の場に緊張【第28回東京国際映画祭】

新妻・尾野真千子、結婚後初の公の場に緊張
結婚後、初めて公の場に登場した尾野真千子

 女優の尾野真千子が31日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた第28回東京国際映画祭クロージングセレモニーでの映画『起終点駅 ターミナル』舞台あいさつに出席。結婚後初の公の場で胸中を語った。

 7月に芸能事務所関係者との結婚が明らかになった尾野。結婚後、初の公の場が東京国際映画祭クロージングセレモニーという大舞台とあり、尾野は「久しぶりにたくさんのフラッシュを浴びて、今とても緊張しています」と吐露。しかし表情はやわらかく、「とてもいい作品に出会えたこと、そしてこの作品でこの場に立てることを本当に幸せに思っています」と喜んだ。

 本映画祭を締めくくるクロージング作品となった本作は、愛した女性・冴子(尾野)を死なせた罪を抱えて生きる男・完治(佐藤浩市)と、孤独を背負い人生に迷う女・敦子(本田翼)が果ての町・釧路で出会い、再び人生の一歩を踏み出す姿を描いた感動作。

 この日は、佐藤、本田、篠原哲雄監督も出席。尾野は「篠原監督が撮ってくれるということで、間違いなく日本を代表する映画になるのではないかと感じました」と撮影前を振り返ると、「日本映画の中で失われつつあるものが、この映画にあるような気がします」としみじみ。

 また、ベテラン俳優・佐藤との共演については、「この映画の通り、人生を変えていただいたのではないかと思います」とにっこり。劇中の冴子を思い続ける完治のような男性について聞かれると、「1人の人を長く思う男性がこの世の中多いのではないかと。わたしの周りでは多いです」とコメント。ほのかにハッピーオーラを漂わせる尾野は、硬い表情の佐藤や本田とは違い終始笑顔で、久しぶりの舞台あいさつを楽しんでいるようだった。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『起終点駅 ターミナル』は11月7日より全国公開


【関連情報】

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 31日
  5. 新妻・尾野真千子、結婚後初の公の場に緊張