シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

余命わずか…でも新作『スター・ウォーズ』が観たい!末期ガンの男性の願いがかなう

余命わずか…でも新作『スター・ウォーズ』が観たい!末期ガンの男性の願いがかなう
写真はイメージ - Araya Diaz / WireImage / Getty Images

 余命2か月と宣告された末期ガンを患う米国の男性が、新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を特別に早く鑑賞させてもらえないか」とウォルト・ディズニーに嘆願したツイートが、かなえられたことが明らかになった。

 テキサス州に住む32歳の男性ダニエル・フリートウッドさんは、8歳の頃から映画『スター・ウォーズ』シリーズのファンで、同映画の関連グッズにあふれた中で暮らしていたが、極めて珍しいガンに侵され、今年の7月に余命2か月の宣告を受けていた。

 そして現在のガンの進行状態から、同作を公開日の12月18日には鑑賞できないと絶望視していたが、Twitter上での訴えが多くの人々たちに拡散され、Facebookでも「Force For Daniel」というキャンペーンが家族、友人らによって展開されると、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルや、新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演するジョン・ボイエガらも同調。ついにJ・J・エイブラムス監督も呼応し、ディズニーやルーカス・フィルムのスタッフがダニエルの自宅で同作を鑑賞できるようセットアップ。11月3日に彼は完成前の映画を鑑賞することができたようだ。

 今回の夢の実現についてダニエルの妻アシュレイは、夢の手助けをしてくれた人々に感謝の言葉を残している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 8日
  5. 余命わずか…でも新作『スター・ウォーズ』が観たい!末期ガンの男性の願いがかなう