シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

西島秀俊『MOZU』が首位デビュー!生田斗真&山田涼介『グラスホッパー』は2位!【映画週末興行成績】

西島秀俊『MOZU』が首位デビュー!生田斗真&山田涼介『グラスホッパー』は2位!
『MOZU』が初登場1位でジャニーズ勢に勝利! - (C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C) 逢坂剛/集英社

 興行通信社が9日に発表した、土日2日間(11月7~8日)の全国映画動員ランキングでは、作家・逢坂剛の人気警察小説を西島秀俊主演で実写化した人気ドラマの完結編『劇場版 MOZU』が初登場で1位を記録した。

 322スクリーンで公開された同作の動員は17万374人、興行収入は2億2,847万2,400円と好調なスタート。観客の男女比は55対45で男性が半数を占めるが、この手のハードボイルド作品としては女性客も多め。さらに、20代から50代まで幅広い年齢層を集客している。鑑賞動機(複数回答可)としては「テレビドラマ版が好き」が82.4%、「ついに謎の真相が明かされるから」が42.8%と続いた。

 伊坂幸太郎のベストセラーをジャニーズ事務所の生田斗真、山田涼介および、浅野忠信、麻生久美子、菜々緒、波瑠、村上淳ら豪華出演陣で映画化した『グラスホッパー』が2位に初登場。314スクリーンで公開され、動員14万7,275人、興収1億9,196万6,600円を記録した。

 1996年に世界最高峰のエベレストで起きた大量遭難事故をジェイソン・クラーク、ジェイク・ギレンホール、ジョシュ・ブローリン、キーラ・ナイトレイら出演で映画化した『エベレスト 3D』は初登場3位。424スクリーン公開で、動員9万6,220人、興収1億6,407万7,100円を記録。金曜日の初日を合わせた3日間成績は、動員12万301人、興収2億397万5,100円となった。

 ジョージ・クルーニーが監督・製作・主演・脚本を務めた『ミケランジェロ・プロジェクト』は10位に初登場。全国152スクリーンで公開され、動員3万4,566人、興収4,220万9,200円。映画ファンや中高年層が来場し、満席となった劇場も多かったという。

 2週連続で首位を獲得した『ギャラクシー街道』は6位にランクダウンとなったが、累計動員76万3,780人、累計興収9億6,440万4,010円と興収10億円突破が間近。『図書館戦争 THE LAST MISSION』『バクマン。』は興収15億円を突破した。また、惜しくもトップ10入りを逃したが、直木賞作家・桜木紫乃の原作を佐藤浩市、本田翼主演で映画化した『起終点駅 ターミナル』が12位となっている。

 今週末は『コードネーム U.N.C.L.E.』『ラスト・ナイツ』『FOUJITA』『ムーン・ウォーカーズ』『恋人たち』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2015年11月7~8日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『劇場版 MOZU』:1週目
2(初)『グラスホッパー』:1週目
3(初)『エベレスト 3D』:1週目
4(3)『俺物語!!』:2週目
5(4)『映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!』:2週目
6(1)『ギャラクシー街道』:3週目
7(2)『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』:2週目
8(5)『マイ・インターン』:5週目
9(6)『図書館戦争 THE LAST MISSION』:5週目
10(初)『ミケランジェロ・プロジェクト』:1週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 西島秀俊『MOZU』が首位デビュー!生田斗真&山田涼介『グラスホッパー』は2位!