シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スター・ウォーズ』『妖怪ウォッチ』抜いた!公開3週目で土日動員トップ!【映画週末興行成績】

『スター・ウォーズ』『妖怪ウォッチ』抜いた!公開3週目で土日動員トップ!
興収はすでに60億円突破! 勢いはまだまだ続きそうな『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 - (C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 お正月と重なった本年度最初の土日2日間(1月2~3日)にあたる全国映画動員ランキングを4日、興行通信社が発表し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』を抜き、2週連続で阻まれていた1位の座を獲得した。

 週末の土日動員では『妖怪ウォッチ』の後塵を拝したものの、興行収入ランキングでは同作を上回っていた『フォースの覚醒』。3週目にして前週比117%となる動員52万1,980人、さらに興収8億2,265万5,600円という驚異的な成績をたたき出し、1月3日までの公開17日間の累計成績は、動員414万人・興収63億9,980万円を突破した。

 一方、『妖怪ウォッチ』は2位にランクダウンしたものの、この週末だけで動員32万1,594人、興収3億7,438万6,900円を記録した。4週目を迎えた3位の『orange−オレンジ−』も、土日2日間だけで動員13万6,711人、興収1億6,865万8,900円をあげるなど引き続き好調だ。

 お正月ということもあって各作品が成績を伸ばす中、『ロッキー』シリーズ新章となる『クリード チャンプを継ぐ男』は前週比105%の動員で先週の11位から8位へとランクアップしベストテン入り。また、9位には公開7週目の『ガールズ&パンツァー 劇場版』が先週の13位から再びランクイン。こちらも前週動員比196%と好調で、順位を上げている。

 今週末は『ブリッジ・オブ・スパイ』『クリムゾン・ピーク』『傷物語〈I 鉄血篇〉』『イット・フォローズ』『人生の約束』『ピンクとグレー』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年1月2~3日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(2)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:3週目
2(1)『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』:3週目
3(3)『orange−オレンジ−』:4週目
4(5)『母と暮せば』:4週目
5(4)『007 スペクター』:5週目
6(6)『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』:2週目
7(8)『杉原千畝 スギハラチウネ』:5週目
8(11)『クリード チャンプを継ぐ男』:2週目
9(13)『ガールズ&パンツァー 劇場版』:7週目
10(7)『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス』:4週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 4日
  5. 『スター・ウォーズ』『妖怪ウォッチ』抜いた!公開3週目で土日動員トップ!