シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『デスノート』続編キャスト発表に賛否両論

『デスノート』続編キャスト発表に賛否両論
主演を務める東出昌大(写真は昨年4月撮影)

 2006年に公開された映画『DEATH NOTE デスノート』の続編『デスノート 2016』(今秋公開)のメインキャストとして、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉の3人が発表され、賛否両論の反響を呼んでいる。

 2006年に藤原竜也と松山ケンイチ共演、前後編の2部作で実写映画化され、昨年は窪田正孝主演で連続ドラマ化もされた「DEATH NOTE」。本作は、前作で描かれた夜神月とLの対決から10年、再び死神が地上にデスノートをばらまき、大混乱に陥った世界が舞台で、デスノート対策本部特別チームの捜査官である主人公・三島創を東出、その三島と共にデスノートを追う世界的探偵・竜崎を池松、三島や竜崎を翻弄するサイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田が演じる。

 今回の発表にネット上では「デスノート続編のキャスト熱い!!」「噂だった東出さんと池松さんホントだったんだ」「菅田くんデスノート出るとか!!!やばー!楽しみ」などと大盛り上がり。中には「え、、、デスノート、、、、松山ケンイチと藤原竜也じゃないの?」「デスノート窪田くん出えへんねんや、、」「もっといい人いなかったのかな~」と否定的な声も少なくないが、今をときめく人気若手俳優による三つ巴の戦いに期待したい。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 5日
  5. 『デスノート』続編キャスト発表に賛否両論