シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

有村架純&吉田羊“親子”でブルーリボン賞受賞!「一緒にいられてうれしい」

有村架純&吉田羊“親子”でブルーリボン賞受賞!「一緒にいられてうれしい」
受賞を喜び合う有村&吉田

 女優の有村架純が第58回ブルーリボン賞の主演女優賞を獲得、9日にイイノホールにて行われた同賞の授賞式で、女優として開眼させてくれた映画『ストロボ・エッジ』のメガホンを取った廣木隆一監督に謝辞を述べた。また、『映画 ビリギャル』で有村と親子役を務めた吉田羊も助演女優賞を受賞し、有村と同作を振り返る一幕もあった。

 主演女優賞を獲得した有村は受賞の喜びをかみしめた様子で登壇。「緊張して、何を話そうとしたか忘れてしまいました」と切り出しつつも、「『ビリギャル』と『ストロボ・エッジ』で主演をやらせていただいたおかげで、すてきな賞をいただけました」と笑顔を見せた。

 さらに「『ストロボ・エッジ』で廣木隆一監督と初めてご一緒して、お芝居は引き算だから余計なことはするなと厳しく怒られました。無理に表情を作らなくても、気持ちがあればしっかりと目で伝わるからと。お芝居も直してくださって。今もその言葉を胸にお芝居をさせていただいております。廣木監督との出会いがなければ、『ビリギャル』で工藤さやかという女の子を演じきれなかったかもしれません。とても廣木監督は大きな存在です」とコメント。

 続けて「正直、主演女優賞という賞は大きすぎて、あまり実感ができていません。これからいろんな作品を全力で頑張って、この賞にふさわしくなれるように今日という日をかみしめて、また明日から新たに頑張っていきたいと思います」と決意を語った。

 また、この日は『ビリギャル』で有村の母親役を務めた吉田も登壇。「一緒にいられてうれしいです」と笑顔を見せた有村は「『ビリギャル』はいろんな奇跡を起こしてくれて。こうやっていろんな場所で再会させてくれたのは『ビリギャル』のおかげ。そういった話を吉田さんとしました」と語ると、吉田も劇中の母親のトーンで「さやか(『ビリギャル』での有村の役名)、よく言えたね」と有村をねぎらった。

 在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成される東京映画記者会が選出するブルーリボン賞は、1950年より開催されている歴史ある映画賞。対象年の1月1日から12月31日までに公開された全作品が候補作品となり、受賞者には賞状と、受賞者の名前が刻まれたモンブラン製の万年筆が授与される。(取材・文:壬生智裕)

■第58回ブルーリボン賞 受賞結果は以下の通り

作品賞 『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督)
監督賞  橋口亮輔監督『恋人たち』
主演男優賞 大泉洋『駆込み女と駆出し男』
主演女優賞 有村架純『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』
助演男優賞 本木雅弘『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
助演女優賞 吉田羊『映画 ビリギャル』『脳内ポイズンベリー』『愛を積むひと』
新人賞 石井杏奈『ガールズ・ステップ』『ソロモンの偽証』
外国作品賞 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(配給・ワーナー・ブラザース映画)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 9日
  5. 有村架純&吉田羊“親子”でブルーリボン賞受賞!「一緒にいられてうれしい」