シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

駆込み女と駆出し男

公式サイト:http://kakekomi-movie.jp

見どころ:劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描く。『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』などの原田眞人監督がメガホンを取り、主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを、『SPEC』シリーズなどの戸田恵梨香、実力派の満島ひかりらが演じる。

あらすじ:江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習い・信次郎(大泉洋)は、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも男女のもめ事を解決に向けて導き、訳あり女たちの人生の再出発を後押ししていくが……。

駆込み女と駆出し男
(C) 2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    鋭い権力批判とフェミニズムの精神を内包した堂々たる時代劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     江戸時代の末期、様々な理由で離婚を望む女性たちが駆け込む縁切寺を舞台に、封建社会の理不尽に耐えつつも逞しく生きる人々の姿を活写していく。
     刀を振り回すやくざ者に丁々発止の話術で対抗する大泉洋の見事な芸達者ぶりもさる事ながら、教養を身に付けることで強い自立心に目覚めていく戸田恵梨香の確かな演技力が物語を牽引する。
     財政再建の名目で貧しい庶民ばかりが割を食い、過度な綱紀粛正によって社会全体が不寛容となった天保の改革の時代に、現代の日本社会が色濃く投影される。鋭い権力批判やフェミニズムの精神を大らかな人情喜劇で包み込み、なおかつ日本的な侘・寂の情緒によって風格ある時代劇へと仕立て上げられた。

  • 山縣みどり
    今も昔も離婚って大変。でも江戸風フェミニズムは小粋だね。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    江戸時代は妻から夫にダメ出しする、いわゆる“三行半”をつきつければ離婚が成立すると思っていたので、本作でシステムを知ってびっくり。学びの映画としての側面は大きい。さらに「ほおっ」と思ったのが事情を抱えた女性をサポートする御用宿の存在。今でいう裁判所の調停のようなものか。男尊女卑の時代にフェミニズムの萌芽があったと知ってうれしくなった。離婚に至までの夫婦の事情も納得いくものばかりで、未婚なのに共感大!? 軽妙な演技を披露する大泉洋はじめとする役者陣は適役だし、テンポよく物語が進行するので長尺とも感じない。離婚のネガティブなイメージを覆し、人生の再出発という点が強調されたのも前向きで素敵!

予告編・動画

大泉洋主演!映画『駆込み女と駆出し男』予告編
映画『駆込み女と駆出し男』特報
映画『駆込み女と駆出し男』満島ひかりコメント映像

» 『駆込み女と駆出し男』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『駆込み女と駆出し男』ポスター
    ポスター
  • 映画『駆込み女と駆出し男』ポスター
    ポスター
  • 映画『駆込み女と駆出し男』チラシ
    チラシ
  • 映画『駆込み女と駆出し男』チラシ
    チラシ

スタッフ

原案: 井上ひさし
監督・脚本:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『駆込み女と駆出し男』の映画ニュース

  • 『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などの雫井脩介の小説「検察側の罪人」が、木村拓哉と嵐・二宮和也の共演により映画化されることが決定した。東京地検を舞台に、ある...沖野にふんし、『日本のいちばん長い日』『駆込み女と駆出し男』の原田眞人が監督・脚本を務める。 木村...
  • 北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」でブレイクし、『青天の霹靂』『駆込み女と駆出し男』『アイアムアヒーロー』といった映画で主演を務めるなど日本を代表する俳優...
  • 18日より公開される映画『愚行録』で、育児放棄の疑いで逮捕されながら、秘密の過去を持った女性を繊細に演じた満島ひかり(31)。1997年に男女7人組のダンスボーカルグルー...) 振り返れば『愛のむきだし』『悪人』『駆込み女と駆出し男』など、その卓越した演技力で、多くの映画...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 無職のおっさんの独り言:今年、映画館にて鑑賞した映画で面白かった作品 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2015年12月31日 9時0分)
    今日は12月31日。これから奥さんの故郷である愛媛県へバスで帰省致します。周囲に一族が住んでいるので、引きこもり気質の私にはプレッシャーが半端ない。9月下旬から、この ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 駆込み女と駆出し男 from エンターテイメント日誌 (2015年12月15日 16時17分)
    評価:A ブルーレイで鑑賞。映画公式サイトはこちら。 井上ひさしの小説『東慶寺花 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 駆込み女と駆出し男 from ダイターンクラッシュ!! (2015年6月7日 14時26分)
    2015年5月23日(土) 12:55~ 丸の内ピカデリー2 料金:0円(無料鑑賞クーポン) パンフレット:未確認 戸田恵梨香、レベル・アップ 『駆込み女と駆出し男』公式サイト 暴君の亭主から逃げて離婚を勝ち取るための駆け込み寺の話。 鍛冶屋(?)の大将代理戸田恵梨香が、火傷のある小汚い姿で現れるが、役者としては一皮むけた感じだ。いつもの偉そうな口調が無い。 満島ひかりの相手役、堤真一の位置付けが良く判らず、生死の行方も不明なので、もやもや感が残る。 そして、満島ひかりの眉が無いのは、病気設定だか ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『駆込み女と駆出し男』が捧げたオマージュ from 映画のブログ (2015年6月7日 7時49分)
    唯一『駆込み女と駆出し男』の残念なところを挙げるとすれば、こんなに面白いのに上映時間が143分しかないことだ。やっぱり185分は欲しかった。  原田眞人監督が時代劇!?  本作のことをはじめて知ったとき、私は意外な組み合わせのように感じた。幅広い作品を撮ってきた原田監督をして、時代劇は未経験だったからだ。  しかし、原田監督初の時代劇映画は、観れば『わが母の記』(2011年)の延... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「駆込み女と駆出し男」 from 元・副会長のCinema Days (2015年6月1日 6時23分)
    リズミカルなセリフ回しに尽きる映画である。井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」(私は未読)を元にした作品だが、ストーリーは駆け足になりがちで大事なモチーフが描かれていないという欠点はあるものの、この独特の会話のノリで2時間23分の上映時間を一気に... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月11日の週の公開作品
  3. 『駆込み女と駆出し男』