シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松田翔太が“裏”の警察役!人気漫画「ディアスポリス」がドラマ&映画化!

松田翔太が“裏”の警察役!人気漫画「ディアスポリス」がドラマ&映画化!
「ディアスポリス」のドラマ&映画化で主演の松田翔太 - (C)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会

 俳優の松田翔太主演で、人気漫画「ディアスポリス−異邦警察−」がMBS・TBSの深夜ドラマ枠にて4月より全10話のドラマ化、そして夏には映画化されることが明らかになった。原作のファンであり、長年にわたり主人公の久保塚早紀役を熱望していた松田は「このような作品に参加できて、心から嬉しく思います」とコメントを寄せた。また、併せて公開された特報で、都会の喧騒の中で男が怪しげな建物に入っていく姿から本作のアングラ的雰囲気の一端を垣間見ることができる。

 原作は、2006年から2009年にかけて週刊「モーニング」(講談社)で連載された、漫画家・すぎむらしんいちと脚本家・リチャード・ウーによる作品。東京にいる約15万人の密入国外国人。悪い奴もいれば、難民認定を受けられず貧しい生活をしている者も大勢いる。そんな彼らが自分たちを守るために秘密組織「異邦都庁(通称:裏都庁)」を作り上げ、その裏都庁で働くただ一人の警察官、久保塚早紀の活躍を描いた物語。アンダーグランドな舞台設定と個性的なキャラクターで人気を博し、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品にも選出されている。

 原作が連載された当時からリアルタイムで購読するほどのファンで、念願叶って久保塚役に抜てきされた松田は、「ヒロインが出てこない男だらけの現場で、現場では辛いシーンもたくさんありましたが、みんなこの作品を楽しみながら撮影できたと思います。残っていく作品の一つになっていけばいいなと思います」と体当たりで挑んだことを明かした。

 本ドラマの監督には、日本の映画界を担う冨永昌敬監督(『ローリング』)、茂木克仁監督(『モヒカン故郷に帰る』助監督)、真利子哲也監督(『ディストラクション・ベイビーズ』)、熊切和嘉監督(『私の男』)が集結。映画版でもメガホンを取る熊切監督は、「荒唐無稽なようでいて、実は非常に現代的なテーマ性、解決出来ない問題をはらんでいるところに惹かれました。とはいえ、これはあくまで活劇です。テレビ版は軽妙に、映画版はハードに、めいっぱい走り抜けました。何よりスタッフたちの愛と、松田翔太くんはじめ、俳優たちの肉体が最大の武器でした」と本作をアピールした。

 なお、本ドラマは、今春8年目に突入し、「深夜食堂」「闇金ウシジマくん」シリーズをはじめ、多くの話題作を送り出してきたMBS・TBSの深夜ドラマ枠が新たなタイトル“ドラマイズム”と冠してスタートを切る記念すべき第1弾となる。すでにドラマの撮影は終了しており、映画の撮影も本日2月12日にクランクアップを迎える。(編集部・石神恵美子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 12日
  5. 松田翔太が“裏”の警察役!人気漫画「ディアスポリス」がドラマ&映画化!