シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

二宮和也が最優秀主演男優賞!ジャニーズ2年連続の快挙!【第39回日本アカデミー賞】

二宮和也が最優秀主演男優賞!ジャニーズ2年連続の快挙!
母親を演じた吉永小百合

 第39回日本アカデミー賞授賞式が4日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、映画『母と暮せば』の二宮和也が同アカデミー賞初受賞にして最優秀主演男優賞に輝いた。同賞は昨年度『永遠の0』で岡田准一が受賞しており、ジャニーズ所属の俳優が2年連続受賞する快挙となった。

 発表後、大きな拍手で迎えられ「ありがとうございます」と喜びながら登壇した二宮。昨年度に先輩の岡田が同賞を受賞した際の心境を「すごく嬉しくて、家でいい酒だなと思ってみんなで飲みながら見させていただきました」と振り返りつつ、「飲んでいくうちに悔しくて」と俳優として複雑な思いがあったことも吐露。続けて「俺も欲しいなと思ってきたときに岡田くんと会ったのかな。そのときに『次はお前だから』と言っていただきました」と岡田から受け取ったメッセージを明かした。

 さらに、受賞について「ここに立つとは思っていませんでしたけどすごく嬉しいです。先輩の次に僕がこれを頂けるのはすごく嬉しいですし、この姿を嵐の人たちも見てくれていると思いますし、喜んでくれていると思います。今まで迷惑をかけてきた人にちょっとでも恩返しできたかと思うとありがたく、また頑張っていこうと思います」と感謝と喜びを語った。

 授賞式後はキャストやスタッフと飲みに行く予定だそうで、最後は「今日はすごくいい酒が飲めそうだな。岡田くんに自慢します」とユーモアたっぷりに締めくくった。

 同作は「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしさんの遺志を名匠・山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。二宮は原爆で亡くなったはずの息子を、その母を名女優・吉永小百合が演じている。

 優秀主演男優賞はほかに、内野聖陽(『海難1890』)、大泉洋(『駆込み女と駆出し男』)、佐藤浩市(『起終点駅 ターミナル』)、役所広司(『日本のいちばん長い日』)が受賞している。(取材・文:中村好伸)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 幽霊役日本アカデミー主演男優賞、授賞式でも幽霊 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年3月6日 13時2分)
    公式サイト。予想通り、「母と暮せば」二宮和也が最優秀主演男優賞を獲得。けれど、チャライ幽霊の演技が「最優秀」って何だったのだろう。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 4日
  5. 二宮和也が最優秀主演男優賞!ジャニーズ2年連続の快挙!