シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

阿部サダヲ×瑛太×妻夫木の映画、予告編に羽生結弦の姿

阿部サダヲ×瑛太×妻夫木の映画、予告編に羽生結弦の姿
瑛太と阿部サダヲは庶民を演じる - (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

 阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる』の予告編がお披露目され、瑛太、妻夫木聡といった豪華キャストに加え、フィギュアスケーター・羽生結弦の映画初出演姿が公開された。

 本作は映画『武士の家計簿』の原作者である磯田道史の「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『白ゆき姫殺人事件』等の中村義洋監督が映画化。仙台藩の年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町(吉岡宿)を守るため、庶民が藩に大金を貸し付け、利息を巻き上げるという嘘のような実話が描かれている。殿を相手に一世一代のマネーゲームに挑む穀田屋十三郎を阿部、十三郎に秘策を持ちかける知恵者の篤平治を瑛太、十三郎の弟の甚内を妻夫木が熱演している。

 公開された予告編には、今作が時代劇初挑戦となる竹内結子のほか、松田龍平、きたろう、山本舞香、西村雅彦、寺脇康文といった豪華な俳優陣が次々に登場。コミカルな演技からシリアスなものまで、それぞれが特徴のある演技を息もつかせぬ勢いで披露している。

 そんな中で、最も目を引くのがフィギュアスケート選手の羽生。映画初出演にして、映画のタイトルにもある“殿”、伊達重村(だて・しげむら)を演じる羽生のちょんまげ姿は存在感抜群で、リンクでの立ち居振る舞いそのままに、クールな表情で庶民たちの前に登場している。

 緊迫した実話をもとにした時代劇を、中村監督独特の演出でユーモアたっぷりに描く本作。忌野清志郎さんが率いたロックバンド・RCサクセションが、坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」をカバーした楽曲が主題歌として使用されることも話題となっている。(編集部・海江田宗)

映画『殿、利息でござる!』は5月14日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 9日
  5. 阿部サダヲ×瑛太×妻夫木の映画、予告編に羽生結弦の姿