シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『名探偵コナン』勢い止まらずV3!『シビル・ウォー』が3位に初登場!【映画週末興行成績】

『名探偵コナン』勢い止まらずV3!『シビル・ウォー』が3位に初登場!
ゴールデンウイークを制するのは『名探偵コナン』? 勢い止まらずV3!

 2日、ゴールデンウイーク真っただ中で映画サービスデーとも重なった土日2日間(4月30日~5月1日)の全国映画動員ランキングを興行通信社が発表し、『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』が3週連続で1位を獲得した。週末の動員は前週比94%となる49万261人、興行収入は5億6,225万2,800円と落ちの少ない興行を展開。累計興収は36億円を突破しており、歴代シリーズ最高記録となる『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』(最終興収44億8,000万円)超えも現実味を帯びてきた。

 公開2週目の『ズートピア』は2位をキープ。動員44万3,249人、興収5億969万9,700円と、動員前週比135%の大幅アップとなり、1位に迫る勢いを見せた。累計興収15億円が目前となっている。

002
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』も初日で2億9,000万円突破の大ヒット! (C) 2016 Marvel.

 アイアンマンとキャプテン・アメリカの対立を描くマーベルスタジオ最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が3位に初登場。625スクリーンで公開され、動員32万2,943人、興収4億4,880万9,900円を記録した。初日の金曜日に興収2億9,827万3,200円、動員19万2,188人という好成績をマークしており、3日間の累計は興収7億4,708万3,100円、動員51万5,131人と早くも動員50万人を突破している。初日には早朝からコスプレ姿のファンが多数来場したほか、ゴールデンウイークの初日とあって、親子連れ、中高年層、小中学生が、夕方以降は10代~20代の友人同士やカップルが劇場をにぎわせた。

 競技かるたを題材にした末次由紀の人気コミックを広瀬すず主演で実写映画化した2部作の後編『ちはやふる −下の句−』が5位に初登場。294スクリーン公開で動員19万3,226人、興収2億1,632万6,200円を記録した。さらに、火星で人型に進化したゴキブリと人類の戦いを描いた人気コミックを伊藤英明、武井咲、山下智久ら豪華キャストで実写化した『テラフォーマーズ』は初登場7位。327スクリーンで公開され動員12万8,730人、興収1億5,063万6,500円となった。また、狂言師の野村萬斎主演のミステリー『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』が初登場11位となっている。

 今週末は『64−ロクヨン−前編』『ヒーローマニア−生活−』『劇場アニメ3部作 第2部『亜人 −衝突−』』『カルテル・ランド』『ROAD TO HiGH&LOW』『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年4月30日~5月1日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』:3週目
2(2)『ズートピア』:2週目
3(初)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』:1週目
4(3)『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』:3週目
5(初)『ちはやふる −下の句−』:1週目
6(4)『アイアムアヒーロー』:2週目
7(初)『テラフォーマーズ』:1週目
8(5)『レヴェナント:蘇えりし者』:2週目
9(6)『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』:2週目
10(7)『暗殺教室~卒業編~』:6週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 3日
  5. 『名探偵コナン』勢い止まらずV3!『シビル・ウォー』が3位に初登場!