シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

岩田剛典×高畑充希『植物図鑑』が初登場1位!『ズートピア』のV5止める!【映画週末興行成績】

岩田剛典×高畑充希『植物図鑑』が初登場1位!『ズートピア』のV5止める!
梅雨の憂鬱さを吹き飛ばす? 純愛映画がトップ! - (C) 2016「植物図鑑」製作委員会

 6日、土日2日間(6月4日~5日)の全国映画動員ランキングを興行通信社が発表し、作家・有川浩の恋愛小説をEXILE兼三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE のパフォーマー岩田剛典と高畑充希主演で映画化した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』が初登場で1位を獲得した。

 307スクリーンで公開された同作の成績は、動員26万4,270人、興行収入3億4,204万700円。中高生から20代までの若い女性層に広く支持を集めており、今年の松竹配給作品としては最高の出足となった。

 4週連続で首位を独走していた『ズートピア』は2位にランクダウンしたものの、先週末だけで動員26万3,766人、興収3億5,060万9,200円を記録。5日までの累計動員は467万7,207人、累計興収は60億3,485万9,900円で、配給元は「興収70億円の突破も確実」と見込んでいる。

 マーベルコミックスの異色キャラクターを映画化した『デッドプール』が3位に初登場。724スクリーンで公開され、動員24万8,473人、興収3億8,333万2,900円を記録。興収順ランキングでは1位に立った。6月1日の水曜日に初日を迎えており、5日間の累計成績は、動員49万6,409人、興収7億1,175万6,100円と大ヒットスタートを切った。

 「ごくせん」などを手掛けた森本梢子の人気コミックを綾瀬はるか、斎藤工主演で実写化した『高台家の人々』は5位。308スクリーンで公開され、動員7万5,946人、興収1億20万3,000円を記録した。客層の男女比は19対81で女性層が圧倒的。年齢別では20代が27.2%、40代と50代が20.2%と続いた。

 今週末に後編が公開予定の『64−ロクヨン−前編』は前週よりワンランクアップ。累計動員116万155人、累計興収14億2,318万1,900円となり、後編に弾みをつけた。公開4週目の『殿、利息でござる!』は興収10億円、10位の『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』は興収60億円を突破している。また、惜しくもトップ10入りを逃したが、島田荘司の推理小説シリーズを玉木宏主演で映画化した『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』が動員3万2,266人、興収4,418万2,200円で12位につけている。

 今週末は『64−ロクヨン−後編』『マネーモンスター』『教授のおかしな妄想殺人』『シークレット・アイズ』『サブイボマスク』『夏美のホタル』『裸足の季節』『エクス・マキナ』『ノック・ノック』『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年6月4日~5日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』:1週目
2(1)『ズートピア』:7週目
3(初)『デッドプール』:1週目
4(2)『オオカミ少女と黒王子』:2週目
5(初)『高台家の人々』:1週目
6(7)『64−ロクヨン−前編』:5週目
7(4)『世界から猫が消えたなら』:4週目
8(5)『殿、利息でござる!』:4週目
9(3)『スノーホワイト/氷の王国』:2週目
10(6)『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』:8週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 7日
  5. 岩田剛典×高畑充希『植物図鑑』が初登場1位!『ズートピア』のV5止める!