シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東出昌大、やっと肩の荷が下りた…『デスノート』初日にプレッシャー告白

東出昌大、やっと肩の荷が下りた…『デスノート』初日にプレッシャー告白
やっと肩の荷が下りました - 東出昌大

 俳優の東出昌大が29日、都内で行われた映画『デスノート Light up the NEW world』初日舞台あいさつに登壇し、重圧から解き放たれた爽快な表情を見せた。この日は、池松壮亮、菅田将暉、佐藤信介監督も出席した。

 本作は、漫画「デスノート」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健)を基にした実写映画『DEATH NOTE デスノート』二部作の続編。名前を書かれたら死ぬという“デスノート”をめぐる、キラこと神夜月(藤原竜也)と世界的名探偵・L(松山ケンイチ)の死闘から10年。死神界から6冊のデスノートがもたらされ再び狂い始めた世界で繰り広げられる、捜査官・三島(東出)、Lの後継者・竜崎(池松)、キラの信奉者・紫苑(菅田)による壮絶な戦いを描く。

 昨夜テレビで放送された過去作を特別編集した番組を見たという東出は、思うところがあったようで「やっぱりプレッシャーはあったと痛感しました」と吐露。しかし、「話が全然違うので前作を超えるのは難しいけど、偉大な先輩方の誇りや覚悟を受け継いで、さらに力を増してスクリーンの中に存在しなければと思い戦った」ため、鑑賞後の観客から「面白かった」という盛大な拍手と笑顔をもらうと、「やっと肩の荷が下りました」と思わず笑みをこぼした。

 そんな東出に、「大変なこともあったと思うけど、淡々と豪快で芯のある主人公を演じてくれました。ありがとうございます」と一礼した佐藤監督は、「10年前の大ヒット映画の10年後を描くという非常に大変な現場でしたが、わたしたちなりに今を生きる『デスノート』を作れたと思います」と自信をもってアピールした。

 また、監督は印象的なエピソードも紹介。最初に会った時、菅田は「メロ(Lの後継者候補の一人)をやりたい」と言ったそうで、「紫苑役なんだけどな。しかも(メロは)日本人じゃないし……と思った」と苦笑いする佐藤監督。とはいえ、役が決まると「(演出で)難しいことを言っても、小さな的にボールを当てるように打ち返してくれた」そうで、「支えになりました」と感謝した。

 『砂時計』(2008)でタッグを組んだ池松については「可憐で寡黙だった子供が、豪快でやんちゃに変わっていた」とその変化に驚きながら、白髪やカラコンというビジュアルや、「傷がつくから絶対に触らないで」と言われていた机に乗って演技をするなど、徹底した役への成り切りぶりで役者として大きく成長したことに敬意も表した。(取材:錦怜那)

映画『デスノート Light up the NEW world』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 29日
  5. 東出昌大、やっと肩の荷が下りた…『デスノート』初日にプレッシャー告白