[フォトギャラリー]ジェニファー・ローレンス、純白ドレスが美しすぎ!『マザー!』NYプレミア

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

オスカー女優ジェニファー・ローレンス主演映画『マザー!』のニューヨークプレミアが現地時間9月13日にラジオシティ・ミュージックホールで開催され、クリスチャン・ディオールの純白ドレスに身を包んだジェニファー・ローレンスらが本作のストーリーをイメージしたブラックカーペットを歩いた。

映画『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督がメガホンを取った本作は、不審な訪問者が現れたことで穏やかな生活が一転してしまった夫婦を描いたサイコミステリー。次々と現れる謎の訪問者たちの行動はエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ。しかし、彼らを拒否する様子もなく招き入れる夫(ハビエル・バルデム)。不安と恐怖を募らせる妻(ジェニファー)は妊娠し母親になるが、想像もつかない出来事が待ち受ける……。

<ジェニファー・ローレンス コメント>
・今作への出演を決心した理由
「まず監督が誰かということ。そしてストーリーに共感できるか、チャレンジ精神を刺激されることも大切。演じることに恐れを感じないようならやってもつまらない」
・本作について
「この作品には重要な深いメッセージがあるわ。私たちが目指していた作品に仕上がっていたと思えた」

<ダーレン・アロノフスキー監督 コメント>
・ジェニファーの起用について
「今までの彼女のイメージには無い作品だったし絶対に受けてくれないと思っていた。でも、話をしていくうちに彼女は作品をよく理解し出演を快諾してくれた。以来、彼女はこの作品に全てを捧げてくれたんだ」
・本作について
「説明しすぎるとネタバレになってしまうけど、この作品は観た人が色々なテーマや意味合いを見いだして楽しむ作品。頭で考えて、感じて、耳を澄ますことで作品の表情が常に変わってくる。観客をドキドキハラハラさせると同時に楽しませたいと思ったんだ」

映画『マザー!』は2018年1月19日より全国公開
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

作品情報:cinematoday.jp

[PR]

[PR]