シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

インタビュー一覧

『ちょっと今から仕事やめてくる』福士蒼汰&工藤阿須加 単独インタビュー

『ちょっと今から仕事やめてくる』福士蒼汰&工藤阿須加 単独インタビュー
2017年5月22日掲載

パワハラ、長時間労働、過剰なノルマなど、現代人が直面する問題を圧倒的なリアリティーで描き、60万部を超えるベストセラーとなった同名小説を映画化した『ちょっと今から仕事やめてくる』。ブラック企業で働く真面目なサラリーマン・青山隆に工藤阿須加、そんな青山の前に突然現れる謎の男・ヤマモトに福士蒼汰。日本の映画界を担っていく若き2人が、成島出監督のもと俳優として大きく飛躍することとなった撮影現場を振り返った。

 

『美しい星』リリー・フランキー&橋本愛 単独インタビュー

『美しい星』リリー・フランキー&橋本愛 単独インタビュー
2017年5月18日掲載

ある日突然、自分たちは地球人ではなく宇宙人だと信じ込んだ家族が、地球を救おうと奮闘する。三島由紀夫の作品の中でも異色と言われる小説を、学生時代に惚れ込んだという吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』)が映画化した『美しい星』。父親・重一郎(火星人)を演じたリリー・フランキーと、娘・暁子(金星人)に扮した橋本愛が、作品への思いを語った。

 

『ピーチガール』山本美月&真剣佑 単独インタビュー

『ピーチガール』山本美月&真剣佑 単独インタビュー
2017年5月15日掲載

色黒でギャル風の派手な見た目だけど本当は不器用で純情な女子高生・ももと、彼女を取り巻く同級生たちとの愛憎入り乱れる学園生活を描いたラブコメディー『ピーチガール』。累計発行部数1,300万部を超える同名少女漫画を、『モテキ』『バクマン。』の助監督を務めた神徳幸治監督が実写映画化した作品だ。見た目と中身のギャップで損ばかりしているももをキュートに演じた山本美月と、彼女が思いを寄せる硬派なさわやか男子・とーじを演じた真剣佑が、作品に対する思いや撮影時のエピソードを明かした。

 

『ラストコップ THE MOVIE』唐沢寿明 単独インタビュー

『ラストコップ THE MOVIE』唐沢寿明 単独インタビュー
2017年5月8日掲載

30年の昏睡(こんすい)から目覚めた昭和の熱血刑事・京極浩介と、草食系だったはずが京極とバディを組んだことで暴走系に進化した(?)ゆとり世代刑事・望月亮太。ハチャメチャな凸凹コンビぶりと抱腹絶倒なギャグで人気を博した「THE LAST COP/ラストコップ」が映画化された。2015年の地上波スペシャルドラマ、Huluでのドラマ、さらに昨年秋クールのテレビドラマを経た先に待っていたのは、人工知能と戦う骨太ミステリー&まさかの涙!? 型破りで破天荒な作品にどんな心境で挑んだのか、唐沢寿明が語った。

 

『追憶』小栗旬&柄本佑 単独インタビュー

『追憶』小栗旬&柄本佑 単独インタビュー
2017年5月1日掲載

映画『駅 STATION』『鉄道員(ぽっぽや)』などの傑作を世に送り出してきた名匠・降旗康男と撮影の木村大作がタッグを組んだ映画『追憶』。幼少期を一緒に過ごした3人がある殺人事件をきっかけに25年ぶりに再会する本作で、容疑者と被害者の役で初共演を果たした小栗旬と柄本佑が、お互いの印象から主人公の刑事を演じた岡田准一との撮影、二人の日本映画のレジェンドが指揮を執る撮影現場を振り返った。

 

『帝一の國』菅田将暉&野村周平&竹内涼真&間宮祥太朗&志尊淳&千葉雄大 単独インタビュー

『帝一の國』菅田将暉&野村周平&竹内涼真&間宮祥太朗&志尊淳&千葉雄大 単独インタビュー
2017年4月27日掲載

古屋兎丸の人気漫画「帝一の國」が実写映画化。生徒会長選に命を懸ける野心いっぱいの男子高生を演じるのは飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田将暉をはじめ野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大といった見目麗しき面々。友情と裏切り、ライバルとの確執など、劇中ではさまざまな思惑が交錯するが、実際はうらやましいほど仲が良い。スクリーンからも伝わってくるワクワク感を作り上げた6人が舞台裏を振り返る。

 

『無限の住人』木村拓哉&福士蒼汰&市原隼人 インタビュー

『無限の住人』木村拓哉&福士蒼汰&市原隼人 インタビュー
2017年4月24日掲載

人気を誇る沙村広明の同名漫画を、木村拓哉主演、三池崇史監督のタッグで実写化した映画『無限の住人』。不死身の肉体を持った剣士の万次が、杉咲花演じる剣客集団「逸刀流(いっとうりゅう)」に親を惨殺された少女・凜とともに終わりの見えない戦いに身を投じていく姿を圧倒的な迫力で描いた、全く新しい“ぶった斬り”エンタテイメント。「逸刀流」を率いる天津影久を演じる福士蒼汰と、残忍な人殺し尸良(しら)を演じる市原隼人が、主演の木村とともに作品への熱き想いを語った。

 

『3月のライオン 後編』神木隆之介&伊勢谷友介 単独インタビュー

『3月のライオン 後編』神木隆之介&伊勢谷友介 単独インタビュー
2017年4月20日掲載

羽海野チカが構築したほんわか優しく、それでいて鋭さも備えた物語を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が二部作として実写映画化した『3月のライオン』。前編の公開から1か月、ついに後編が公開される。「そこにしか生きる場所がないから」と将棋に打ち込む孤独なプロ棋士の桐山零を演じた神木隆之介と、零にこたつのように温かい居場所をもたらす川本3姉妹の、ワケありな父を演じた伊勢谷友介。二人が撮影を振り返った。

 

『映画かみさまみならい ヒミツのここたま』木下優樹菜 単独インタビュー

『映画かみさまみならい ヒミツのここたま』木下優樹菜 単独インタビュー
2017年4月17日掲載

人間がモノを大切にする思いが魂となって生まれたモノの神様“ここたま”。小学生の四葉こころは家の隅っこにこっそり隠れて一人前の神様を目指すここたまと出会う。テレビアニメ「かみさまみならい ヒミツのここたま」を経て、初の劇場版が完成。ゲスト声優として、見習いここたまの憧れである一人前のここたま、ハピピナの声を担当した木下優樹菜が、夫でお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史や、二人の娘・莉々菜(りりな)ちゃん(4歳)、茉叶菜(まかな)ちゃん(1歳)とのにぎやかな日常を語った。

 

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』宮迫博之&蛍原徹 単独インタビュー

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』宮迫博之&蛍原徹 単独インタビュー
2017年4月13日掲載

突如、野原家に現れた謎の宇宙人シリリによって子供にされたひろしとみさえ。彼らを元の姿に戻すため、永遠の5歳児「クレヨンしんちゃん」が大冒険の旅に出る! 25周年記念作品『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』は、宇宙人との戦いを通して親子の絆を描く笑いと涙の感動作。『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』以来、15年ぶりにコンビとしてゲスト声優を務めた雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹が、本作に懸ける思いとともに、長年連れ添ったからこそ抱くコンビ愛について真摯に語った。

 
全1,382件中1~10件を表示しています。 Next »
[PR]
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク