シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
.

インタビュー一覧

『キングコング:髑髏島の巨神』トム・ヒドルストン&サミュエル・L・ジャクソン 単独インタビュー

『キングコング:髑髏島の巨神』トム・ヒドルストン&サミュエル・L・ジャクソン 単独インタビュー
2017年3月27日掲載

キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨神として描いた迫力満点のアドベンチャー大作『キングコング:髑髏島の巨神』を引っ提げ、トム・ヒドルストン&サミュエル・L・ジャクソンが“ゴジラの国”日本にやってきた。マーベル作品でも人気キャラを演じている2人が、本作で再共演した印象から、キングコングにまつわる子供時代の思い出までをとことん語った。

 

『PとJK』土屋太鳳 単独インタビュー

『PとJK』土屋太鳳 単独インタビュー
2017年3月23日掲載

真面目な警察官・功太と、ピュアな女子高生・カコが恋に落ちる。でも警察官と女子高生の恋愛なんて許されない。それならば……と二人が選んだのは結婚だった!?  三次マキの人気コミックを実写化した映画『PとJK』で、ヒロインのカコを演じた土屋太鳳は、『さよなら歌舞伎町』『オオカミ少女と黒王子』などを手掛けた廣木隆一監督のもと、どのように胸キュンなラブストーリーを演じたのか。1か月間に及んだ北海道・函館ロケに懸けた意気込みや役づくりのこと、そして相手役の亀梨和也との撮影秘話を語った。

 

『サクラダリセット 前篇』 野村周平&黒島結菜 単独インタビュー

『サクラダリセット 前篇』 野村周平&黒島結菜 単独インタビュー
2017年3月21日掲載

河野裕の人気小説を『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督が映像化した『サクラダリセット』前後篇は、特別な能力を持つ者たちが集う街・咲良田(サクラダ)を舞台とするミステリアスな物語。過去に体験したことを絶対に忘れない「記憶保持」能力を持つ高校生・浅井ケイを演じた野村周平と、“リセット”という世界を3日分巻き戻す能力を持つ春埼美空役の黒島結菜が、2部作連続公開となる本作について語り合った。

 

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』高畑充希 単独インタビュー

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』高畑充希 単独インタビュー
2017年3月16日掲載

どこでも眠れるのが特技という、ごく平凡な女子高生の森川ココネ。2020年東京オリンピックの三日前、父親の突然の逮捕を機に現実が歪んでいく。不思議な現象の鍵は、自分が見る“夢”のなかに!? ココネの、現実と夢を行き来する冒険が始まる――。神山健治監督によるSFファンタジーアニメ『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』でヒロインを演じ、ココネとして主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌った高畑充希が語った。

 

『3月のライオン 前編』神木隆之介&有村架純 単独インタビュー

『3月のライオン 前編』神木隆之介&有村架純 単独インタビュー
2017年3月13日掲載

羽海野チカの将棋を題材とした人気漫画を実写化した映画『3月のライオン』。『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、主人公の高校生プロ棋士・桐山零と彼を取り巻く人々との人間ドラマを濃密に映し出す。家も家族も居場所も失い、深い孤独を抱えながらも将棋に打ち込む零を熱演したのは、ヒット作での主演が続く神木隆之介。零を内弟子として引き取った棋士の娘で、零の義姉となる香子を演じたのは、人気若手女優の筆頭株である有村架純。共に将棋の猛特訓をしてから撮影に臨んだという2人が、作品に対する思いを語り合った。

 

『チア☆ダン』広瀬すず&中条あやみ&山崎紘菜&富田望生&福原遥 単独インタビュー

『チア☆ダン』広瀬すず&中条あやみ&山崎紘菜&富田望生&福原遥 単独インタビュー
2017年3月9日掲載

県立高校のチアリーダー部JETSが全米チアダンス選手権大会を制覇。そんな実話を基に『俺物語!!』の河合勇人監督が製作した映画『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』で共演した広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥が再結集。劇中のメンバー同様にイチからダンスを始め、全米大会制覇に説得力を持たせるまでに仕上げたド根性を見せた5人が、思い出深い撮影を振り返った。

 

『ボヤージュ・オブ・タイム』中谷美紀 単独インタビュー

『ボヤージュ・オブ・タイム』中谷美紀 単独インタビュー
2017年3月6日掲載

『ツリー・オブ・ライフ』のテレンス・マリック監督が構想40年を経て完成させた本作。宇宙の誕生から現代に至るまでの生命の歩みを、ミクロとマクロの世界を自在に行き来しながら、観る者を圧倒する美しい映像と磨き抜かれた詩のような言葉でつづっていく。ナレーションはケイト・ブランシェットが務めているが、その日本語版を中谷美紀が担当。彼女の鋭い感性は、この映画にいかに反応したのだろう?

 

『WE ARE X』YOSHIKI 単独インタビュー

『WE ARE X』YOSHIKI 単独インタビュー
2017年3月2日掲載

サンダンス映画祭をはじめ数々の海外映画祭で上映され、ファンのみならず多くの人々の心を掴み高い評価を得た、スティーヴン・キジャック監督の映画『WE ARE X』がついに日本で公開となる。本作は、バンドのリーダーである YOSHIKIへのインタビューを通じ、X JAPAN の軌跡をたどったドキュメンタリー。作中、長い間語ることができなかったというギタリストHIDEの死、TAIJIの死、そしてボーカルToshlの洗脳を、言葉に詰まりながら語ったYOSHIKIが、初のドキュメンタリー映画で本当に伝えたかったこととは?

 

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』平井堅 単独インタビュー

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』平井堅 単独インタビュー
2017年2月27日掲載

1980年から続くドラえもんの劇場版37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』。南極大陸を舞台に、氷の下に眠る古代都市をめぐってのび太たちが繰り広げる冒険が描かれる本作で、主題歌を担当することになった平井堅。数々のヒット曲で知られ、これまでも映画・ドラマなどの主題歌を歌ってきたが、アニメ主題歌を手掛けるのは初めてという。今回、自ら書き下ろしたミディアムバラード「僕の心をつくってよ」が誕生した経緯、歌に込めた平井のドラえもんへの思いを語った。

 

『彼らが本気で編むときは、』桐谷健太&ミムラ 単独インタビュー

『彼らが本気で編むときは、』桐谷健太&ミムラ 単独インタビュー
2017年2月23日掲載

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)、そして母・ヒロミ(ミムラ)の愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描く映画『彼らが本気で編むときは、』。『かもめ食堂』『めがね』などで知られる荻上直子監督が自ら“第二章”と銘打った本作で、対照的な弟と姉を演じた桐谷とミムラ。果たして二人は、どんな思いを心に編んでいたのだろうか。

 
全1,368件中1~10件を表示しています。 Next »
[PR]
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク