シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2001年8月の公開作品

公開カレンダー( 週別月別月別タイトルのみ興行成績
アクセスランキング(注目作品日別
iTunes( トップ映画トップビデオレンタル
ニコニコチャンネル( デイリーセールスデイリー再生数
U-NEXT 視聴ランキング( 洋画邦画
  1. 8月4日公開
  2. ボディドロップアスファルト
    ボディドロップアスファルト (8月4日 公開)
    ロマンティックな妄想を恋愛小説に仕立てて大成功した女流作家が、現実と妄想の境界線を突き進む摩訶不思議な新感覚ムービー。監督は実験的な短篇作品で数々の賞を受賞するなど高い評価を受けている和田淳子。
  3. ジュラシック・パーク III
    ジュラシック・パーク III (8月4日 公開)
    スティーブン・スピルバーグ監督により映画化されて、世界的な恐竜ブームを巻き起こしたパニック・アクション大作『ジュラシック・パーク』の第3弾。
    (C)2001 UNIVERSAL STUDIOS&AMBLIN ENTERTAINMENT.INC
  4. キシュ島の物語
    キシュ島の物語 (8月4日 公開)
    イランのキシュ島を舞台に、3人の監督がユニークな物語を競作したオムニバス。第1話「ギリシャ船」を監督したナセール・タグヴァイは、イランではアッバス・キアロスタミ監督と並び称される巨匠。
  5. 風と共に去りぬ
    風と共に去りぬ (8月4日 公開)
    20世紀を代表する不朽の名作がリニューアルカラーとデジタルサウンドを実現し、より美しく生まれかわった。約12分にわたるネガの再生でオリジナル・フィルムが完全復活。
    (C)1939 METRO GOLDWYN MAYER ALL RIGHT RESERVED.
  6. 真夜中まで
    真夜中まで (8月4日 公開)
    全編にスタンダードジャズを散りばめた、大人のためのファンタジー。物語の進行と実際の上映時間をシンクロさせたという本作は、『怪盗ルビィ』の和田誠監督によるもの。
    (C)1999東北新社、電通、日本出版販売、IMAGICA
  7. チアーズ!
    チアーズ! (8月4日 公開)
    チアリーダーというとキュートな女の子達の花形集団を連想しがちだが、実際は男性も活躍する体力の必要なスポーツ競技。
  8. 蝶の舌
    蝶の舌 (8月4日 公開)
    スペイン国民文学賞を受賞したマヌエル・リバスの「僕にどうしてほしいの?」から3つの短編を合わせ、『にぎやかな森』の名匠ホセ・ルイス・クエルダが映画化。
  9. ジターノ
    ジターノ (8月4日 公開)
    世界中から注目されるフラメンコ界の貴公子、ホアキン・コルテスの初主演作。掟に従って生きるジプシーの抗争を背景に、運命に翻弄される男女の愛を切なく描く。
  10. 8月11日公開
  11. ビヨンド・ザ・マッド
    ビヨンド・ザ・マッド (8月11日 公開)
    レスラー同士のドラマチックな愛憎劇とド派手な肉弾戦で世界的な人気を誇る米国のプロレス団体WWFの舞台裏を描き出したドキュメンタリー。
  12. シャドウ・オブ・ヴァンパイア
    シャドウ・オブ・ヴァンパイア (8月11日 公開)
    ジョン・マルコヴィッチとウィレム・デフォーの初共演が話題を呼んだ異色作。1920年代のドイツを舞台に、吸血鬼映画の撮影に入った映画監督の監督魂を描く、ユーモラスでミステリアスな吸血鬼ストーリーだ。
    (C)SHADOW OF THE VAMPIRE LIMITED 2000

  13. DENGEKI 電撃
    DENGEKI 電撃 (8月11日 公開)
    沈黙シリーズでもお馴染みのアクションの達人スティーブン・セガール主演、『マトリックス』のジョエル・シルバー製作という最強コンビで送る痛快アクション。
    (C)2001 Warner Bros. All Right Reserved
  14. テルミン
    テルミン (8月11日 公開)
    テルミンは、1920年に旧ソ連出身のテルミン博士が発明した世界初の電子楽器である。その不思議な音色はSF映画やサスペンス映画などに幅広く使われたが、その発明のために博士は不幸な運命をたどっていく。
  15. セイブ・ザ・ラストダンス
    セイブ・ザ・ラストダンス (8月11日 公開)
    アカデミー賞候補となった『キャスト・アウェイ』を抜いて、2週連続全米No1に輝いたラブ・ストーリー。
    (C)2000 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
  16. RED SHADOW 赤影
    RED SHADOW 赤影 (8月11日 公開)
    横山光輝原作の傑作忍者マンガが豪華キャストで復活したスリリングな忍者ムービー。監督は『SF サムライ・フィクション』で世界的に実力が認められた新鋭・中野裕之。
    (C) 2000 RED SHADOW.COM All rights reserved.
  17. 反則王
    反則王 (8月11日 公開)
    韓国で2000年2月に公開され、公開1週目で観客動員数1位を記録。その後も人気は衰えず、同年の大ヒット作『JSA』に次ぐ年間2位の大ヒットとなったプロレス・エンターテインメント・コメディ。
  18. 8月18日公開
  19. STACY
    STACY (8月18日 公開)
    作家としても名高い、ミュージシャン大槻ケンヂの同名小説を基に『コギャル食い』で注目を浴びた友松直之監督がメガホンを取った、ポップでキッチュな純愛スプラッタ・ゾンビ・ムービー。
  20. ドリヴン
    ドリヴン (8月18日 公開)
    時速400キロの超スピードを体感できる衝撃的なカー・アクション。夢をあきらめずに挫折から再び立ち上がってくるベテラン・レーサーの姿を、脚本も手がけたシルベスター・スタローンが熱演する。
  21. LOUISE(TAKE2)
    LOUISE(TAKE2) (8月18日 公開)
    『天使が見た夢』でカンヌ映画祭主演女優賞に輝いたエロディ・ブシェーズ主演の青春映画。パリのメトロで生活する孤独な若者たちの交流をスケッチ風に描く。
  22. 釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇
    釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇 (8月18日 公開)
    今や国民的人気映画となった『釣りバカ』シリーズの最新作。今回は山口県を訪れ、日本海で大物を狙う。
  23. 劇場版 幻想魔伝 最遊記 Requiem 選ばれざる者への鎮魂歌
    劇場版 幻想魔伝 最遊記 Requiem 選ばれざる者への鎮魂歌 (8月18日 公開)
    「月刊Gファンタジー」に連載中で、単行本は累計で450万部を売り上げるという峰倉かずやの人気コミックをアニメ化。テレビシリーズも高い人気を得ており待望の映画化だ。
    (C)峰倉かずや/エニックス・劇場版最遊記プロジェクト2001
  24. BACK STAGE
    BACK STAGE (8月18日 公開)
    俳優を目指す青年の情熱と葛藤、そして悲恋を描いた青春映画。この作品は「俳優養成所ハリウッドアクターズアカデミー」が若い才能を育てるために製作したもので、若い出演者の多くはそこの生徒である。
  25. 8月20日公開
  26. エレベーター
    エレベーター (8月20日 公開)
    ほとんど紹介される事のなかったトルコからエキセントリックな娯楽作品がやって来た。エレベーターに閉じ込められた男と謎の美女との駆け引きが、スリリングで官能的に描かれる。
  27. 8月25日公開
  28. キス・オブ・ザ・ドラゴン
    キス・オブ・ザ・ドラゴン (8月25日 公開)
    『レオン』『ニキータ』の監督リュック・ベッソンが製作と脚本を手がけた激しくも切ないスーパー・アクション。
    (C)Europa Corp.2001
  29. ほとけ
    ほとけ (8月25日 公開)
    ミュージシャン、映画監督、作家、詩人としてなど、多方面で活躍する辻仁成の映画第2作。彼が自らのオリジナルストーリーでメガホンを取った意欲作だ。舞台は架空の港町“臥牛市(がぎゅうし)”。
    (C)2001 ソニー・ミュージックエンタテインメント/フジテレビジョン/ケイエスエス/ソニーPCL/JINSEI FILM SYNDICATE
  30. 美脚迷路
    美脚迷路 (8月25日 公開)
    美脚フェチマニアが集まる秘密のクラブ「MAZE」を舞台に繰り広げられる、妖しくも切ないサスペンス。現代風俗と青春の光と影、それを透明感ある映像でまとめたのは『東京ゴミ女』の廣木隆一監督。
    (C)2001 OMEGA PICTURES,INC.
  31. 贅沢な骨
    贅沢な骨 (8月25日 公開)
    ホテトル嬢とその同居人の少女、そこに入り込んだ男、三人が織りなす不思議な味わいのラブ・ストーリー。
  32. 魚と寝る女
    魚と寝る女 (8月25日 公開)
    残酷でショッキングな映像が話題となり世界各国の映画祭で物議を醸した韓国産の問題作。孤独な女と追い詰められた男の絶望的な触れ合いを描く。


[PR]
スポンサード リンク
楽天市場
  1. 映画
  2. 2001年8月の公開作品