シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2005年2月の公開作品

公開カレンダー( 週別月別月別タイトルのみ興行成績
アクセスランキング(注目作品日別
iTunes( トップ映画トップビデオレンタル
ニコニコチャンネル( デイリーセールスデイリー再生数
U-NEXT 視聴ランキング( 洋画邦画
  1. 2月5日公開
  2. アレキサンダー
    アレキサンダー (2005年2月5日 公開)
    アレキサンダー大王の壮絶な一生を巨匠オリバー・ストーン監督が描く歴史超大作。アレキサンダーを『S.W.A.T』のコリン・ファレルが熱演。
    (C)2004 IMF3
  3. タッチ・オブ・スパイス
    タッチ・オブ・スパイス (2005年2月5日 公開)
    ギリシャで『タイタニック』に続き、映画史上第2位の興行収入を記録した、ギリシャ版『ニュー・シネマ・パラダイス』ともいえる感動の人間ドラマ。
    (C)2003 Village Roadshow Productions Hellas S.A.
  4. ステップフォード・ワイフ
    ステップフォード・ワイフ (2005年2月5日 公開)
    1975年に映画化された、アイラ・レヴィンのスリラー『ステップフォードの妻たち』を『イン&アウト』のフランク・オズ監督がリメイク。
    TM & (C) 2004 Dreamworks L.L.C.TM & (C) 2004 Paramount Pictures. (C) 2004 United International Pictures.
  5. きみに読む物語
    きみに読む物語 (2005年2月5日 公開)
    『メッセージ・イン・ア・ボトル』などで知られるニコラス・パークスのベストセラー小説を映画化。身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛と彼らの行く末がつづられる。
    (C) MMIV NEW LINE PRODUCTIONS,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  6. ファンタスティポ
    ファンタスティポ (2005年2月5日 公開)
    『金田一少年の事件簿~上海魚人伝説~』以来待望のスクリーン登場となるKinKiKids堂本剛と、映画初挑戦にして初主演となるTOKIO国分太一のダブル主演作。
  7. エメラルド・カウボーイ
    エメラルド・カウボーイ (2005年2月5日 公開)
    コロンビアで“エメラルド王”として君臨する、早田英志の半生を描くセミ・ドキュメンタリー。
  8. DV ドメスティック・バイオレンス
    DV ドメスティック・バイオレンス (2005年2月5日 公開)
    夫やパートナーが、妻や恋人に対して暴力的になる、DV(ドメスティック・バイオレンス)を描いた社会派ドラマ。暴力を振るう夫に遠藤憲一、その妻に英由佳。
  9. 死霊波
    死霊波 (2005年2月5日 公開)
    『サル』でデビューし、新進気鋭の監督として注目を集める葉山陽一郎の最新作。
    (C)2005 日本出版販売株式会社/株式会社ポニーキャニオン
  10. 着信アリ2
    着信アリ2 (2005年2月5日 公開)
    柴咲コウが主演した『着信アリ』の続編。キャスト、スタッフともにリフレッシュし、主演はミムラ、共演に吉沢悠、そして瀬戸朝香。監督は『ゴースト・シャウト』でデビューした塚本連平。
    (C)「着信アリ2」製作委員会
  11. ビフォア・サンセット
    ビフォア・サンセット (2005年2月5日 公開)
    リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離(ディスタンス)』の続編。前作に引き続き、イーサン・ホークとジュリー・デルピーが登場。
    (C)2004 Warner Independent Pictures Inc.

  12. 1リットルの涙
    1リットルの涙 (2005年2月5日 公開)
    “脊髄小脳変性症”と闘い25歳という若さでこの世を去った木藤亜也の日記を編集し、57万部のベストセラーとなった「1リットルの涙」を映画化。
    (C) 2004 ALL OUT CO,LTD. All Rights Reserved
  13. 復讐者に憐れみを
    復讐者に憐れみを (2005年2月5日 公開)
    2004年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した、『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督による“復讐三部作”の第一章。この後『オールド・ボーイ』、そして現在撮影中の作品へと続く。
  14. アニムスアニマ
    アニムスアニマ (2005年2月5日 公開)
    女性が抱く理想の男性像・アニムスと男性が抱く理想の女性像・アニマを探し求める姉と弟を描いた究極の恋愛映画。監督・脚本はこれがデビュー作となる斉藤玲子。
  15. ラマン
    ラマン (2005年2月5日 公開)
    『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督が、やまだないとの同名漫画を映画化。主演は『さくや 妖怪伝』の安藤希が熱演。3人の男を田口トモロヲ、村上淳、大杉漣がそれぞれの持ち味を生かしながら演じる。
  16. 2月11日公開
  17. 運命を分けたザイル
    運命を分けたザイル (2005年2月11日 公開)
    世界中で大ベストセラーを記録したノンフィクション文学「死のクレバス アンデス氷壁の遭難」をケヴィン・マクドナルド監督が完全映画化。実際に遭難を経験したジョー・シンプソンとサイモン・イェーツが出演。
  18. THE JUON/呪怨
    THE JUON/呪怨 (2005年2月11日 公開)
    『呪怨』の清水崇監督が自らメガフォンをとり、ハリウッド・リメイクした作品。
    (C)2004 GHP 2-Grudge, LLC. All rights reserved.
  19. ボーン・スプレマシー
    ボーン・スプレマシー (2005年2月11日 公開)
    前作『ボーン・アイデンティティー』から2年、あのジェイソン・ボーンのその後を描くシリーズ第2弾。元CIAのトップ・エージェントのジェイソンとその恋人役はマット・デイモンとフランカ・ポテンテが続投。
    (C)2004 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  20. 大統領の理髪師
    大統領の理髪師 (2005年2月11日 公開)
    1960年代初頭から1970年代末までの激動の韓国で懸命に生きた庶民の姿をとらえた秀作。『殺人の追憶』の名優ソン・ガンホが、体は大きいが小心者の床屋のオヤジにふんし、随所で笑いをとる。
  21. シベリア超特急5
    シベリア超特急5 (2005年2月11日 公開)
    映画評論家・水野晴郎のライフワークといわれる“シベ超”シリーズ第5弾。大物俳優たちがさまざまな役で登場。また豪華モスクワ駅を再現したセットで撮られた12分の長回しは必見。
  22. サスペクト・ゼロ
    サスペクト・ゼロ (2005年2月11日 公開)
    アーロン・エッカートがFBI捜査官にふんし、謎に挑むサスペンス・ミステリー。共演は、彼と事件に挑む元恋人役に『マトリックス』のキャリー=アン・モス。
  23. 2月12日公開
  24. マシニスト
    マシニスト (2005年2月12日 公開)
    1年間眠っていない男が体験する悪夢のような世界を描き、2004年のサンダンス映画祭やベルリン国際映画祭など多方面で絶賛されたサイコ・サスペンス。
    (C)CASTELAO PRODUCTIONS,S.L.2004
  25. ファイティング・テンプテーションズ
    ファイティング・テンプテーションズ (2005年2月12日 公開)
    キューバ・グッディング・Jrとビヨンセ共演のコメディ。監督は『隣のヒットマン』のジョナサン・リン。ビヨンセは『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』以来の映画出演。
  26. ソン・フレール −兄との約束−
    ソン・フレール −兄との約束− (2005年2月12日 公開)
    『王妃マルゴ』『愛する者よ、列車に乗れ』のパトリス・シェロー監督が描く「死と再生」の物語。
  27. 最後の晩餐
    最後の晩餐 (2005年2月12日 公開)
    カニバリズムを題材にした大石圭の書き下ろし最新作「湘南人肉医」の映画化。監督・脚本は、『自殺マニュアル』の福谷修。主演は『許されざる者』『魔界転生』の加藤雅也。
  28. 2月19日公開
  29. ダブリン上等!
    ダブリン上等! (2005年2月19日 公開)
    ダンブリンを舞台に54人の登場人物と11人のライフストーリーが繰り広げられるコリン・ファレル主演作。監督は鬼才ニール・ジョーダンが発掘したジョン・クローリー。
    (C)2003 COMPANY OF WOLVES (INTERMISSION) LIMITED, ALL RIGHTS RESERVED
  30. レオポルド・ブルームへの手紙
    レオポルド・ブルームへの手紙 (2005年2月19日 公開)
    アイルランドの文豪、ジェイムズ・ジョイスの最高傑作「ユリシーズ」を基に英国の新鋭、メヒディ・ノロウジアン監督が舞台を米国に移して撮った感動作。
  31. アイ・アム・デビッド
    アイ・アム・デビッド (2005年2月19日 公開)
    同名タイトルの世界的ベストセラー小説の映画化。主演はこれが映画初出演となるイギリス人少年、ベン・ティバー。共演は『パッション』のジム・カヴィーゼル。
  32. MAKOTO
    MAKOTO (2005年2月19日 公開)
    『踊る大捜査線』の脚本家・君塚良一の初監督作品。原作は『きらきらひかる』で知られる郷田マモラ。主題歌を「桜」が大ヒットした河口恭吾が提供。
  33. 苺の破片
    苺の破片 (2005年2月19日 公開)
    『櫻の園』の中原俊と「スカイハイ」のマンガ家・高橋ツトムの共同監督作品。脚本・主演は『櫻の園』で共演した梶原阿貴と宮澤美保。
  34. Uボート 最後の決断
    Uボート 最後の決断 (2005年2月19日 公開)
    アメリカ・ドイツ両国から追い詰められ、極限状態におかれた敵同士の男たちが、裏切り、憎しみ、愛国心に揺さぶられる様を描いたヒューンマン・ドラマ。
    (C)2003 U-BOAT,LLC.
  35. ICHIGEKI 一撃
    ICHIGEKI 一撃 (2005年2月19日 公開)
    国際的人身売買組織に立ち向かう男をスティーヴン・セガールが熱演したクライム・アクション。監督は『クロコダイルの涙』のレオン・ポーチ。
    (c) 2004 A UK/Polish Co-Production ALL RIGHTS RESERVED.
  36. 2月26日公開
  37. セルラー
    セルラー (2005年2月26日 公開)
    アカデミー女優、キム・ベイシンガー主演のノンストップ・サスペンス・スリラー。監督は『デッドコースター』でスピード感あふれる映像を見せたデヴィッド・R・エリス。
    (C)2003 NIPPON HERALD FILMS, Inc.
  38. プリティ・プリンセス2
    プリティ・プリンセス2 (2005年2月26日 公開)
    『プリティ・ウーマン』のゲーリー・マーシャル監督の描くファンタジック・ラブストーリー。前作に引き続き、プリンセス役にアン・ハサウェイ、女王役にジュリー・アンドリュースなど主要キャストは続投。
    (C)Disney Enterprises,Inc.All Right Reserved.
  39. ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~
    ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~ (2005年2月26日 公開)
    37歳で逝去した天才エンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を映画化。主演・監督・脚本・製作の四役をこなすのは、この作品に並ならぬ情熱を傾けるケヴィン・スペイシー。
  40. 猟人日記
    猟人日記 (2005年2月26日 公開)
    1950年代、ウイリアム・S・バロウズらと共に活躍した伝説のビート作家、アレグザンダー・トロッキの自伝的処女小説の映画化。
  41. 火星人メルカーノ
    火星人メルカーノ (2005年2月26日 公開)
    アルゼンチ発の新感覚ラテン・アニメーション。アルゼンチンが抱える貧富の格差、失業問題、犯罪、暴力などの社会問題を浮き彫りにしたラテン版「サウスパーク」のような作り。


[PR]
スポンサード リンク
楽天市場
  1. 映画
  2. 2005年2月の公開作品