ゲイリー・オールドマン、出演作の監督を批判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

最近すっかり丸くなったと評判のゲイリー・オールド マンだが、久々に毒舌が復活。ターゲットになった のは、最新作"The Contender"のロッド・ルーリー 監督。映画を配給するドリームワークス社のオーナー、ス ティーヴン・スピルバーグらの顔色をうかがって、す でに完成していた作品を編集し直した結果 、 政治的に偏向した内容になったというのだ。 オールドマンは、完全な悪役に仕立て上げられた ことではなく、監督がキャリアのために信念を曲 げたことに対して、腹を立てている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]