ケヴィン・スペイシー、カミングアウトまであと一歩か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ペイ・フォワード 可能の王国』でヘレン・ハントと共演したケヴィン・スペイシーがActors Fundに表彰され、授賞式にハントを伴って出席した。撮影中の映画のためにひげ面のスペイシーはステージ上で「このひげが、今日の連れではありません」と発言。ひげには、ゲイがカムフラージュのために同伴する相手という意味がある。彼が尊敬する名優ジェイソン・ロバーズらがつめかけた場内に笑いが起きた。一応否定はしているのに、どうしても疑惑の晴れないスペイシーである。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]