『スパイダーマン』撮影現場で死亡事故

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 サム・ライミ監督の『スパイダーマン』の撮影現場で6日、セットを建設中にクレーンが落下し45歳の溶接工1人が死亡した。 発表によると、死亡した溶接工と別の作業員がクレーンに吊られた足場で作業していたところに上からクレーンのアームが落下してきた。撮影はロサンゼルス郊外ダウニーの飛行機組み立て工場だった場所で行われていた。事故原因は不明だが、事件が起きた当時、弱い横風が吹いていた。現場には出演者はいなかったが、ライミ監督はその日の撮影を中止した。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]