ジェニファー・ロペス、伝記映画よりお金を選ぶ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ジェニファー・ロペスが画家フリーダ・カーロの伝記映画『トゥー・フリーダ』(原題)を降板することを正式に発表した。降板理由に脚本などを挙げているが、ロペスは高額の出演料をオファーされているトニー・スコット監督作品『テイキング・ライヴス』(原題)への出演を決めた。この作品でロペスはFBI心理分析官を演じる予定で、連続殺人鬼の動機や行動パターンをプロファイリングしていき、犯人像を割り出していく。撮影は今年の秋頃始まる予定で、2002年全米で公開される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]