C・ブランシェット、殺害された記者を演じる?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ケート・ブランシェットが、『チェイシング・ザ・ドラゴン:ヴェロニカ・グエリン・ストーリー』(原題)で実在した記者を演じるかもしれない。映画では、麻薬組織の実態を暴いたアイルランドの記者ヴェロニカ・グエリンの活躍と彼女が96年にダブリン郊外で殺害されるまでを描く。『パール・ハーバー』のジェリー・ブラッカイマー製作のもと、ジョエル・シュマッカーが監督にあたり、脚本はキャロル・ドイルとメリー・アグネス・ドナヒューが手掛ける。撮影は来年春からダブリンで開始される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]