J・キャリー、オナラで撮影を中断させる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ジム・キャリーが、『ザ・マジェスティック』(原題)の撮影中に大きなオナラをして、現場の人々を沸かせたという。同映画で、50年代にブラック・リストに載った、ハリウッドのライター役を演じているキャリーは、300人のエキストラに歓迎され、彼らの肩に担ぎ上げられるパーティー・シーンを撮影中だった。彼のオナラの音が、あまりにも大きかったため、セットにいた全員が大爆笑し、撮影が中断された。恥ずかしさに顔を真っ赤にしたキャリーは、「食べる物にもっと注意したほうがいいな」などとつぶやきながら、冗談を言ってごまかしていたという。最近は、コメディ俳優からの脱皮を図り、トム・ハンクスのようなドラマチックな役に挑戦しようとしているキャリーだが、今回のオナラ事件で、それも一歩遠のいた?

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]