広島原爆投下を描いた映画製作決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 日本軍による真珠湾攻撃を描いた『パール・ハーバー』に続き、ハリウッドで今度は広島への原子爆弾投下を描いた映画が製作されることが決まった。物語の中心は、原爆投下1日前に派遣されたアメリカ海軍大佐。軍から命令された開発中の爆弾テストは、実は原子爆弾の投下だと気付いた彼は実行を拒否し軍法会議にかけられるが、次の日に命令は実行され人類の歴史における最も悲惨な出来事は起きてしまう。監督は『メッッセージ・イン・ア・ボトル』のルイス・マンドキで、キャストは現在交渉中だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]