W・スミス、『9時から5時まで』をリメイク

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ウィル・スミスが、80年の映画『9時から5時まで』をリメイクすることを明らかにした。リメイクでは主役のOL3人を黒人の女優が扮し、そのうち一人を実生活のスミス夫人であるジェイダ・ピンケット・スミスが演じる予定だ。『9時から5時まで』は、ロサンゼルスの大企業に勤めるOL3人組が横暴なボスに復讐する痛快コメディで、オリジナルではジェーン・フォンダ、リリー・トムリン、ドリー・パートンが主役に扮し、パートンが歌う主題歌はアカデミー賞にノミネートされた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]