K・リーヴス、新作『ハードボール』が興行成績NO.1に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 テロ事件後のアメリカでは、映画の興行成績が全体的に好調となり、14日に全米公開されたキアヌ・リーヴス主演の野球映画『ハードボール』(原題)が、連日続いたコマーシャルなしのテレビ報道によりPRも阻まれる中、先週末の興行成績のトップを飾った。さて、リーヴスは先週末、同映画のPRのため、トロント国際映画祭に出席。記者会見の席で、現在製作中の『マトリックス2(ザ・マトリックス・リローデッド)』(2003年全米公開予定)と『マトリックス3』(公開時期未定)から得られる数億円に上る彼の利益を、同映画の特殊効果と衣装デザインのスタッフたちに寄付したという報道について聞かれると、「皆に知られたくなかったな。単なる個人的なことだよ」と答えていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]