映画版『シカゴ』へラップ歌手出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 人気ミュージカルを映画化する『シカゴ』(原題)へ、ラップ歌手のクイーン・ラティファが出演することが決まった。この作品では、すでにレニー・ゼルウィガーがロクシー役、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがヴェルマ役、リチャード・ギアが凄腕の弁護士ビリーに扮することが決まっていて、ラティファが演じるのはマトロン・“ママ”・モートンというロクシーが愛人を射殺して収監される刑務所の刑務官役だ。また『パーフェクト・ストーム』のジョン・C・ライリーがロクシーの夫であるエイモス・ハート、『グリンチ』のクリスティーン・バランスキーが記者メアリー・サンシャインを演じることも決まった。監督はロブ・マーシャル、脚本はビル・コンドンが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]