E・ハーレー、子供の父親を法廷で証明へ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 エリザベス・ハーレーと彼女の元恋人スティーヴ・ビング氏が、現在彼女が妊娠中の子供の父親がビング氏であるかどうかをめぐり、法廷で争う可能性が出てきた。ハーレーの友人たちは、「ハーレーは、ビング氏が子供の父親であると信じて疑わない」と話しているが、それが事実であれば、ビング氏はハーレーに莫大な養育費を支払うことになる。およそ300万ドル(約3億6,900万円)とも言われるビング氏の年収から見積もって、その額は年間75万ドル(約9,225万円)以上にもなるとあって、ビング氏はハーレーに、法廷で彼が父親であることを証明させようとしているらしい。2人の関係は今や、お互いに弁護士を通じてしか話をしないところまで張り詰めているとの噂もある。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]