S・マーチン、処女小説が映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ニューヨーク・タイムズ誌のベスト4にも選ばれているスティーヴ・マーチンの処女小説「ショップガール」が映画化されることが決まった。この作品は、憧れていたロサンゼルスでデパートの店員をしている28歳の女の子を主人公に、恋や夢、自分探しに揺れる女心を描いたユーモア溢れるドラマだ。マーチンは主人公を愛人にするリッチな中年男役で出演し、脚本も自らが手掛ける。監督や共演者は現在交渉中で、製作は『プリティ・ブライド』などを手掛けてきたレイクショア・エンターテイメントに決まっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]