P・ブロスナン、名声について語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 007シリーズ20作目となる作品の撮影に入ったピアース・ブロスナンが、俳優業で十分な名声を築き上げた今は、晩年に向けて違ったゴールを追及してみたいと語った。「名声とはメレンゲ菓子みたいなもの。お腹を一杯にしてはくれない。けれども、綺麗だから食べ続ける。皆が微笑んでくれて、綺麗な服や車を贈ってくれて。だけど、これら全ては自分を育んではくれない、空ろなもの」と語ったブロスナンは、「僕は今や、十分な名声を築き上げた。そして48才の今も、そわそわと落ち着かない気分でいる。次の10年間で何をやろうか?その思いが、僕を駆り立てるのさ。もっと映画を作れるだろうか?自分の会社を作れるだろうか?自分に監督することができるだろうか?という風にね」と話している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]