H・ジョエル・オスメント、『ハリポタ』映画化を批判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ハーレイ・ジョエル・オスメントは、爆発的なヒットとなったハリー・ポッターと賢者の石』に、あまり夢中になれないでいるようだ。オスメントは最近のインタビューで、「『ハリー・ポッター』は、映画化されるべきじゃなかったと思う。あの物語の70%がイマジネーションなのに、今や子供たちにとっては、すごく型にはまったものになっている。『ハリー・ポッター』について考える時、子供たちはいつも、映画で描かれたものを思い出すことになる」と語っている。また、『ハリー・ポッター』の主役であるハリー役を、英国の子役ダニエル・ラドクリフが演じることになったことを、くやしいとは思っていないと語ったオスメントは、「『ハリー・ポッター』をやりたいと思ったことは、一度もないよ」と付け加えた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]