J・カヴィーゼル、J・ロペスとの裸のベッド・シーン拒否

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 昨年、全米公開されたサスペンス&ロマンチック映画『エンジェル・アイズ』で、ジェニファー・ロペスと共演したジム・カヴィーゼルだが、撮影では、裸になったロペスとのベッド・シーンを拒んだらしい。ローマン・カトリック教徒である彼は、「撮影中に、”彼女にトップを身に付けさせてくれ。僕もショーツを付けるから、彼女にもそうさせてくれ”と頼んだんだ。それは、僕の妻への献身、愛、そして尊敬からだった」と語っている。これまで『オーロラの彼方へ』『シン・レッド・ライン』などに出演して来たカヴィーゼルは、「映画の中で裸になるのは、僕には難しいこと。正しいことだとは思わない」とも語っているが、公開当時、批評家の間で「2人の間に”化学反応”が感じられないのが致命的」と不評だったのは、どうやらそのせい!?

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]