H・ベリー、実父との辛い過去を役作りに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 新作『モンスターズ・ボール』(原題)での演技で、オスカーの主演女優賞候補にノミネートされそうなハル・ベリーだが、今回アルコール中毒症の女性役を演じるに当たっては、問題を抱えた彼女の父親と過ごした子供時代の経験が、役に立ったという。彼女の母親は、アルコール中毒症の夫に捨てられ、2人の子供たちを苦労して育てたと告白したベリーは、「誰にも愛されることのなかった父の悲しさが、この映画のキャラクターたちに通じるものがある」とも語った。同映画は、ベルリン国際映画祭のグランプリに当たる金熊賞候補作品となっており、授賞式は17日に行われる予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]