A・ヒューストン、C・イーストウッド製作映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『バッファロー'66』のアンジェリカ・ヒューストンが、『ブラッド・ワーク』(原題)へ出演することが決まった。クリント・イーストウッドが製作、監督、主演するこの作品は、マイクル・コナリーの小説「わが心臓の痛み」の映画化で、イーストウッド扮する心臓移植を受けて引退したFBI捜査官が、因縁の糸に導かれて、移植した心臓の持ち主だった女性の殺人事件を解決しようとするサスペンスだ。ヒューストンは心臓を移植した医者の役を演じ、『カラー・オブ・ハート』のジェフ・ダニエルズが主人公の友人役で共演する。脚本は『L.A.コンフィデンシャル』のブライアン・ヘルゲランドが手掛け、撮影は先月から開始されていて、今夏の全米公開を予定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]