J・コネリー、『ビューティフル・マインド』について語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ビューティフル・マインド』で、アカデミー賞の助演女優賞候補となっているジェニファー・コネリーが、同映画について、「この映画の撮影を終える時、素晴らしい関係を失うように悲しかったわ。ずっと続けるわけにはいかないことを知っていても、終えなければならないのはとても辛かった」と語った。1998年に出演した『ウェイキング・ザ・デッド』(原題)がキャリアの転機だったと語るコネリーは、その後も、『ポロック』で画家の愛人役、『レクイエム・フォー・ドリーム』では麻薬中毒者役と、興味深い役柄に挑戦し続け、今回の役を射止めるに至った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]